KYOTO 健康村 | 健康食品販売

今春の花粉症対策

2019/01/10 記事

イギリスに於いて、2万数千人規模のアレルギーの調査が行われました。

2歳以下で抗生物質を使用することで、アレルギーを発症するリスクがおよそ6倍になることが分りました。

抗生物質の使用により、免疫機能が異常を起こし、アレルギー性の病気が増えていると推測されます。

そこで、安全なLFK菌と接触することが大切になります。

アレルギーを改善・緩和できるLFK菌があります。

動物実験やヒトの臨床試験で有効性が確認されたLFK菌です。

花粉花が散する前からLFK菌を摂ることで、花粉症が軽減できます。

チサフェルナ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品