KYOTO 健康村 | 健康食品販売

髪の悩みが解消するケイ素

2019/05/15 記事

栄養素が髪の毛の細胞へ届いてない

健康な人の髪の毛は、常に古い細胞と新しい細胞の入れ替えが行われているので、多少髪の毛が抜けたくらいでは、薄毛にはなりません。

白髪も同様で、髪の毛に十分な栄養素が行き渡っていれば黒々としているものです。

抜け毛や薄毛は老化現象の一つですが、実際には若いのに現象が現れれてします。

これは年齢と関係なく、血管の老化現象により血液が細胞に十分な栄養素を送れないために起きることが多いのです。

育毛剤や発毛剤は、髪の毛の成長に必要な栄養素を、頭皮や髪の毛に直接浸透させて効果を期待するものですが、

実際には栄養素が不足しているのではなく、栄養素が髪の毛の細胞へ届いてないケースの方が多いのです。


ケイ素は、ほとんどの臓器に必要不可欠なミネラルです。

ケイ素は、血管そのものの栄養素として毛細血管を強化してくれます。

ケイ素は、酸化によって結合して難くなったドロドロ血液をアルカリ性に戻し、

血液細胞を柔らかくし分離させることで毛細血管の隅々までスムーズに血液が運ばれるようになります。


ケイ素が内面から髪の毛を元気にする

ケイ素を摂取すると血液をサラサラにする働きと毛細血管の細胞を修復する働きをします。

老化現象や動脈硬化で毛細血管が詰まっている人は、

細胞に栄養素が届きませんので、髪の毛だけでなく皮膚や肌にも老化現象が現れます。

この悪くなった血流が改善されるために、

髪の毛の細胞が活性するために必要な酸素・酵素・ホルモンなどが供給されます。

すると髪の毛の新陳代謝が活発になり、古い髪の毛を捨てて、新しい髪の毛を生えさせるという循環が始まります。

このような仕組みによって、細胞レベルから髪の毛を元気にしてくれると考えられているのです。


ケイ素が外側から髪の毛を元気にする

リンスや育毛剤にケイ素を混ぜて使うと水溶性ケイ素の浸透力により、

有効成分を細胞の奥までダイレクトに浸透させるができます。

同時にケイ素自体も髪の毛の細胞に届きますので細胞の活性化を促すことになります。

このようにケイ素を内面と外面のダブルで使うことで、育毛や発毛・白髪をサポートするのです。

細胞がスムーズに新しい細胞の入れ替えるために必要な栄養素を髪の毛の細胞まで浸透させてくれるので、髪の毛の悩みを改善されます。


ケイ素を飲用して頂いたら、こんなことに気付いて頂けるかも

・ 肌のくすみがとれて明るくなった

・ おしっこや便の量が増えた

・ 頭痛が治まった

・ 生理痛が無くなった

・ 冷え性が改善された

・ 凝りが改善された

・ むくみが抜けた

・ 花粉症が改善された

ケイ素を水に入れて毎日摂取することで、全身の毛細血管の血流が改善し、冷え性の方は指先が温かくなるなどが実感できます。


細くなった髪毛を元気にするケイ素

ライスシリカ(ケイ素)サプリ 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品