KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌の激やせ対策

2018/12/12 記事

癌になってやせるのは、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。

がんはこうして栄養を確保していますがん細胞は正常な細胞と違って、無制限に成長を続けます。

そのため、大量の栄養を必要とし、そのエネルギーを確保するために、がん細胞は炎症性サイトカインという物質を出します。

この物質は、炎症など緊急に対処しないといけない事態が、体内で発症したことを知らせるタンパク質の総称です。

体内に緊急事態が起きサイトカインが分泌されると、傷を修復するために血液が呼び集められます。

このシステムを利用してがん細胞は自分のところに血液を集め、その血液から増殖に必要な栄養を取り込みます。

がんの進行による代謝の変化がんが進行すると、食べているのに痩せるという現象が起こることがあります。

これは、ミネラル不足によって、各機能の代謝性の変化が起きて、摂取した栄養が本来使われるべき器官で活用されない状態になっているからです。

がん細胞が増殖を続けると、体力維持や免疫力維持に使うべきミネラルなどの栄養の不足が起こります。

高カロリー、高タンパクの食事を心がけ、治療効果が十分得られるだけの体力を維持することが大切です。

 

癌術後の回復に機能栄養食品と高分子コラーゲン

カラダの中で一番多い成分は、水分(60~70%)で、その次に多いのがタンパク質(15~20)で、その3分のⅠがコラーゲンなのです。

コラーゲンは、加齢と共に老化し減少して行きますが、癌になりますとそのスピードはさらに速くなり、激やに加担し、血管が浮き上がり、シワが目立ってきます。
コラーゲンは、カラダ全身への細胞に栄養や酸素を届ける代謝の重要な働きをしています。

コラーゲンと免疫力には深い関係があり、コラーゲンはマクロファージという体内に侵入した細菌やウイルスを退治してくれる細胞と相性がよく、コラーゲンを与えることで100倍近い速度でウイルスを退治できるようになり、再発を抑えてくれます。<

ワイデンフーズ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品