KYOTO 健康村 | 健康食品販売

昔の味の濃い・栄養価の高い野菜

2019/06/01 記事

野菜や果物を500倍のイオン化カルシュウム水に10 分位浸けるだけで、ネラルが補給され

美味しい野菜や果物に生まれ変わります。

イオン化カルシュウムは、小さな分子になっているのて、野菜や果物の細胞への出入りが瞬時にでき、ミネラルが補給できます。


今、昔に比べて栄養価が低下している野菜

「昔の野菜は今の野菜と比べて味も濃かったし、栄養価も高かった」なんていうことを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか

昔は冬に温度をかけてトマトやイチゴを作ることなどできませんでしたが現代では旬がいつだか分からなくなるくらい一年中食べられるようになりました。

この旬が栄養価に大きく影響しています。

冬が旬のほうれん草は、冬採りが60mg、夏採り20mgと、何と3もビタミンCの含有量が違います。

トマトでは旬の7月が18mgと最大になり、1月は9mgで最低になります。

今も昔もほとんど変わりはないのです。

旬の野菜とそれ以外の時期の野菜との栄養価の違いは、想像以上で、旬の野菜は安くておいしいだけではなく、栄養価も高いです。

季節による栄養価の違いはβカロテンとビタミンCにおいて顕著であり、ミネラルに関してはほとんど変わりません。

栄養価だけでなく人参、大根、ほうれん草、キャベツなどは冬のほうが糖度が上がっておいしいし、トマトやとうもろこしは夏がおいしいですよね。


 

 

野菜  農薬

 

カルマックスは、野菜や果物の残留農薬を中和してれます。

ミネラルを補い美味しさを増してくれます。

野菜料理のおいしさは、野菜特有の鮮やかな色合いと歯ごたえで、歯ごたえの良い野菜は、水分を多く含んでいて新鮮です。

シャキとした歯ごたえを損なわいために、カットした野菜を水に浸けておきますと、野菜の栄養分が抜けてしまいます。

それを防ぐために0.2%の水溶性イオン化カルシュウム水に10 分位浸けますと、ミネラルが補給されるとともに、野菜の表面をコートし、栄養分の流失わ防いでくれます。

水から取り出した後も、表面がコートされているために、水分がとばずに長い時間鮮度を保ち、炒めものにしても、煮込んでも形が崩れず、おいしく食べることができます。

カルマックスの基本成分

ミネラル 100m中カルシュウム2.900mg   マグネシュウム280mg  ナトリュウム18mg  カリウム7.5mg  鉄6.6mg  銅11μg   亜鉛27μg  マンガン66μg

 

栄養素 100m中エネルギー28kcai   たんぱく質0.2g  脂質 微量  炭水化物6.9g  ナトリュウム180mg  水分93.9g  灰分7.7g

野菜のアクが短時間でスッキリ抜ける

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品