KYOTO 健康村 | 健康食品販売

花粉症を緩和するケイ素

2019/05/14 記事

ケイ素は、生命維持に不可欠な心須微量元素

成人1人あたりの消耗は、10~40mgと言われています。

若いときには私たちの体の組織はケイ素を摂取する力があり、ぐんぐん摂取し続けます。

このため、柔軟性や弾力性に富み、つややかな肌に覆われ、硬い骨を持ち、エネルギーに満ち溢れています。

しかし、年を重ねるごとに私たちの体は、ケイ素を摂取する力が落ちていき、

30代ごろから体内のケイ素含有量は急激に減少し続けてしまいます。

このように、私たち人間の成長と健康維持、老いや心の状態に至るまで、広い範囲でケイ素はかかわっています。

多くの研究者によってはっきりと言えることは、

ケイ素は私たちにとってとても重要な必須ミネラルでありながら体内では作られず、

食事による吸収もし難い栄養成分であるということが分かっています。

人が若々しく健康であり続けるために必要なケイ素をサプリメントとして補うことで、

病気の予防・改善やエイジングケアを行います。


アレルギー症状は、免疫システムの過剰反応から起こります。

ほこりを体内に過剰に取り入れると免疫システムが身体に、

これ以上入れないように咳やくしゃみ、鼻水などで体外に出そうとします。

花粉なら花粉症、特定の食物なら食物アレルギーとなります。

例えば花粉に過敏に反応する花粉症の人は、

何かの食物にも反応してしまい食物アレルギーとなってしまいます。

こうなると何が原因でアレルギー症状が出ているのかわからなくなってしまいます。

特に免疫力が弱っているとアレルギー症状が強く出てしまいます。


ケイ素(シリカシンター)は抗酸化作用があります。

デトックス効果で体内の毒素を排出する働きがあるので免疫力が向上し、

アレルギー症状がかなり緩和されます。

ケイ素は、様々な効能が報告されていますが

ケイ素の役割の中で、生命の維持に欠かせない「ミトコンドリア」の働きにケイ素が関わっています。

私たちの体には、約60兆個の細胞があり、個々の細胞には数百から数千という無数のミトコンドリアが共生しています。

このミトコンドリアの働きなしに人間は生命活動が維持できません。

なぜなら、ミトコンドリアは、私たちが毎日食べている炭水化物や動物タンパク質、

脂質などを分解し、アデノシン三リン酸(ATP)というエネルギーを細胞に供給しているからです。

このエネルギーなしに細胞は活動することができません。

このように生命維持に重要な役割を果しているミトコンドリアの働きに欠かせないのがケイ素です。

ケイ素の働きで、ミトコンドリアを活性化し、活性酸素が過剰になるのを防ぐことが出来ます。

ミトコンドリアの不活が及ぼす最も深刻な影響は、

体内の活性酸素を大量に発生させる原因に繋がる事

ケイ素が不足してミトコンドリアの働きが低下すると、

正常細胞の安定性が失われ、低体温症や免疫力の低下、

さらにガン細胞の死滅(アポトーシス)誘導作用などに重大な影響を及ぼすことが報告されています。

ライスシリカ(ケイ素)サプリ 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品