KYOTO 健康村 | 健康食品販売

ガン細胞の98%が死滅する野菜

2019/04/18 記事

身体を健康にしながらガン細胞をやっつけてくれる、とても頼もしい野菜


ゴーヤ

ゴーヤは、昔は薬用として使用されていました。

ゴーユは、免疫細胞を強化し、その強力な抗癌性で、癌細胞が増える原因のグルコース発酵を抑え込みます。

水にわずかなゴーヤを入れて飲むだけで、72時間後にはガン細胞の98%を死滅させてくれます。

沖縄の方が長生きされるのは、ゴーヤをよく食べられるからです。


ニンニク

ニンニクは、細胞を活性化する食材で、独特の匂いの元となるジアリルトリフィドと呼ばれる殺菌成分含まれています。

この成分は、食中毒の原因となるカンピロバクターヤカビに対して、抗生物質の1000倍の効果があります。

ニンニクは、大腸がんの予防に非常に効果的な食べ物です。


キャベツ

キャベツには、免疫力を高める成分が多く含まれています。

その中でもイソチシアネートという成分が、癌細胞を抑制してくれます。

イソチシアネートは熱に弱いため、生で食べてください。

風邪のとき、キャベツを食べて免疫力を高めてください。


生姜

生姜には栄養的には特に優れたところは無いようにみえますが、生姜の特有成分「ショウガオール」に殺菌作用の他に抗がん作用があります。

アメリカのニユージゃージー州の大学の実験では、がん細胞が抑制され、がん細胞が自滅が高められたの報告があります。


セロリ

セロリの独特の香りは、「アイピン」という成分です。

アイピンは、リラックス効果や食欲増進だけでなく抗酸化作用が豊富で、がん予防効果があると言われています。

セロリは、葉の部分と茎の部分と栄養が異なり、葉の部分の方が効果的に予防できます。


私たちの体は、毎年、毎年、確実に老化していっています。

老化は外見だけでなく、体内の免疫力も弱くなっています。

がん細胞をやっつけてくれる能力も衰えて行きます。

がんが発症しやすい体になっています。


「健康だから大丈夫」でなく、日頃から抗がん作用のある野菜を摂る事が大切です。

野菜は、がんの予防だけでなく、体内の汚れを排除し、身体を若々しくしてくれます。

末期癌から生還した人の共通点は

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品