KYOTO 健康村 | 健康食品販売

内臓の疲れを取るファスティング

2022/06/12 記事

酵素とは、人間、動物なとすべての生物に存在している、生きるために必要不可欠な物質で、食べ物の消化を吸収を行うことを筆頭に、細胞の再生・修復,解毒など、ありとあらゆる生命反応を酵素が担っています。

体内に存在する酵素の役割は「消化」と「代謝」の2つに分けられます。

食べたものを消化する仕事を担うのが「消化酵素」で免疫力や新陳代謝などの生理現象を担うのが「代謝酵素」です。

過食気味だったり、不規則な時間に食事をしたりしていると、「消化」にばかり酵素が使われることになり、「代謝」にまわせる余裕がなくなってしまいます。

体内で作られる酵素には限りがあり、年齢とともに減り続け、40歳を過ぎると急激に減ってしまいます。

加齢が進むにつれて「痩せにくくなった」「体型が変わった」「肌がかわった」などと感じる人が多くなるのは、代謝に使われる酵素が減ってくることも一つの原因なんです。

タイエットがうまく進まない方は、まずは「消化」をやすませてください。

「ファスティンヴ」は一定期間、固形物を摂らない為、消化に酵素が使われず、ほとんどが代謝に使われることになるのでお勧めです。

食品に含まれた酵素が消化酵素をサポートする為、体の中の酵素を節約・温存することにつながります。

栄養価が低かったり、偏ったり有害物質を多くは入ったのを口にするくらいなら、かえって食べないほうが腸に負担をかけずに済みます。

野生の動物は、怪我をしているときや体調が悪い時は、何も食べずにじっとしています。これは動物たちが、断食をすることで消化を担う酵素を温存し、「代謝」に対する酵素の働きを活性化させることを本能的に知っているからです。

人類は誕生してから近代まで、飢餓との闘いでした。体は「お腹が空いた」ことには慣れていて、「お腹いっぱい」の状態にぼ慣れて
いないのです。

食事の回数が多い人は、1日に同じカロリー量を摂取しても、食事の回数が少ない人よりも肥満になりやすいのです。体に悪いものを入れるくらいならば「この時間は食べない」という選択肢をとってください。

私たちの体の中には、知らず知らずのうちに有害物質が溜まっています。汚れた大気や水、たばこ、魚介類からの有害ミネラル、一部の食品添加物,残留農薬、遺伝子組み換え食品など身の回りに転がっている有害物質の一つ一つを挙げたらきりがありません。

普段の食事で完全に避けるのは困難でしょう。しかし、入れっぱなしのままでは体に良くありませ。

しかも有害物質は脂肪にくっつきやすいのです。

「全く体内に入れない」ことが難しいのだとしたら「出す」ことを実行するしかありません。

そこで「ファスティング」が敵切と言えます。

一定期間、固形物を体内に入れないファスティングは体の中に溜まった毒素を排出して、汚れた細胞をきれいにできる方法の一つで、フアステイング以外にも食物繊維が多めの食材を豊富に摂ることもお勧めです。

栄養面から考えても、野菜や海藻類、キノコ類など食物繊維が豊富な食材を意識して摂るといいでしょう。

有害物質の排出ルートは汗、毛髪、爪、尿、便があり、なかでも便からの排出き、全体の75%をしめます。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品