KYOTO 健康村 | 健康食品販売

肝臓ケア サプリメント

2018/07/07 記事

肝臓をケアするためにサプリメントを活用する場合は、肝臓に効果的な有効成分が含まれるサプリを選ぶ必要があります。
そのためには、有効成分を知っておくことが大切です。
主な有効成分は4つあります。

1・亜鉛
亜鉛は、新しい細胞が生成されるときに重要な働きをする成分であることが知られています。
たんぱく質を合成するときに使われるのが亜鉛です。
アルコール摂取などでダメージを受けた肝臓が回復するためには亜鉛が欠かせません。
不足すると肝機能の低下につながる可能性があります。

2・オルニチン
オルニチンは体内に存在するアミノ酸で、肝臓回復促進効果があります。

3・アスタキサンチン
アスタキサンチンには肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があることが研究によってわかってきています。
特に肝脂肪を防ぎたい場合は有効な成分といえるでしょう。

4・牡蠣エキス
牡蠣エキスにはグリコーゲンやタウリン、ビタミンBなどが豊富に含まれています。

これらの成分が肝機能アップに役立ちます。
タウリンには肝臓がアルコールを分解するサポート機能があり、グリコーゲンの役割は肝臓の解毒作用を助けることです。
ビタミンB群は、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解をサポートします。

サプリを飲む場合の注意点
サプリメントを上手く活用すれば効率的に必要な栄養素を摂取できます。
しかし、サプリメントの摂取方法を間違えると、効果が出にくくなるだけでなく健康障害につながるリスクがあることをよく理解しておきましょう。
肝臓ケアのためにサプリメントを利用する場合も例外ではありません。

サプリメントには添加物が含まれているものも多いです。
肝臓に効果があるといわれている成分が含まれていても、添加物も含まれるサプリメントでは逆効果になってしまう可能性があります。
添加物が含まれていると肝臓に余分は負担がかかってしまい、肝臓機能の低下につながることがあるからです。

牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれており、良質のたんぱく質と、鉄・銅・コバルトなどのミネラルが豊富に含まれています。また、造血ビタミンであるビタミンA、B1、B2、B12、葉酸なども含まれています。

牡蠣エキス&シジミエキス

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品