KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌を治す最高の治療は、自分の自然治癒力を高めること

2022/11/23 記事

がん治療は、医療機関にできることは限られていますが、あなたにしかできないことはたくさんあります。

風邪を引いた時や、すり傷などの外傷を負った時に、それを治しているのは誰でしょうか?

ほかでもない、あなた自身です。あなたには免疫力という「自然治癒力」が備わっていて、意識しなくても、それがきちんと体の異常を察知して対応し、治癒へと導いてくれます。

体の中でがん細胞は発生しては消え、また発生して消えということを繰り返していますが、それも自然治癒力の働きの1つです1

「自然治癒力をさらに高めること」は、あなたにできる最大のがん治療なのです。

喜びや充足感を感じたり、リラックスしたりしている時、私たちの氣=エネルギーは充填されて、自己治癒力が高まっている実感が得られます。

一方、不安や恐れを感じたり、常にストレスにさらされたりしていると、本来の実力が発揮できずに、エネルギーレベルは下がっているように感じられます。

また、感情や思考が体に与える影響に関して多くの研究がなされており、否定的な感情は体に悪影響をおよぼすという報告もなされています。

自分の氣を高めて、自然治癒力を高める。病気や健康に関して健全な信念を育む・否定的になりがちな思考を、せめてニュートラルな状態に戻して、希望や可能性に繋げて行くことなどが最大のがん治療でなり、あなたにしかできないことです。

自然治癒力を高めて、がんと闘うのではなく、ご自身と一緒にがんを癒すようにしてみませんか。

よく「笑顔はがん治療に効果的」と言われますが、それはあなたが笑うことで、がんも楽しくなっているからではないかと思っています。

がんは決して、外部から侵入してきた敵でも、戦うべき相手でもありません。

あなたの細胞からできた「分身」であり、「あなたの一部」なのです。

「あなたの一部」であるなら、あなた自身で癒すことが可能ではないかと考えています。

がんを癒す・治すのは、あなた自身なのです。

自然治癒力を高める生き方にシフトチェンジするなど、何か変化を起こすためにはエネルギーが必要となります。

あなたのエネルギーの残量はどのくらいですか?

私たち人間の腸には1000種類、100兆以上の細菌が、人間が食べたものをエサにして生きています。

腸内に棲みついている細菌たちはお互いに影響を及ぼし、複雑なバランスを保ちながら共に生きています。

そして、この細菌たちのバランスこそが、免疫力を左右するカギを握っているのです。

腸内の細菌は、善玉菌、悪玉菌、そして腸内の環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見(ひよりみ)菌の3種類に分けられます。

腸内の善玉菌が優勢だと、体のあらゆる機能を健康な状態に保ってくれますが、悪玉菌が優勢だと免疫力がダウンして、生活習慣病やアレルギー性疾患が発症しやすくなります。

つまり、心身の健康を保つには、善玉菌を増やして悪玉菌の力を抑え、腸内環境を整えて免疫力をアップすることが重要なのです。

65才を過ぎると、ビフィズス菌がゼロになる人もいます。

善玉菌の一種であるビフィズス菌ですが、残念なことに老年期(65歳以上)になると、10人のうち3人の腸内にはビフィズス菌がまったく見られなくなるといわれています。

人間の腸内環境は、胎児のときは無菌状態ですが、生まれてから母乳を飲み始めると、生後1週間で90%以上がビフィズス菌で占められるようになります。

その後、離乳食を食べるようになるとほかの菌も徐々に増えていき、大人と同じような腸内環境になります。

この段階で、ビフィズス菌は腸内細菌全体の20%程度まで減少し、成年期から老年期になるにしたがって、さらにビフィズス菌は減少していきます。

善玉菌が減って悪玉菌が優勢になると、腸内環境が悪化して、アンモニアなどの有害物質や発がん性物質が増え、それらの有害物質、血液によって全身に運ばれていきます。

すると、肌荒れや口臭、免疫力の低下、生活習慣病の原因となるほか、自律神経の乱れや食欲不振など、さまざまな不調が生じてきます。

高齢になるほど健康面で問題を抱える人が増えるのは、ビフィズス菌をはじめとした善玉菌の減少により、腸内環境が悪化することも理由のひとつと考えられます。

悪玉菌を増やす食品

悪玉菌は糖質、脂質が大好物です。主食である麺類・パン・ご飯などの炭水化物も糖質なので、食べ過ぎると悪玉菌が増殖する原因となります。

腸内環境のバランスが乱れている人も、善玉菌のエサとなる食材を積極的に取り入れることで、弱った免疫力を整えることができます。

プロテサンは、現代医学の限界を超えた乳酸菌「FKー23菌」が主成分

免疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあり、あらゆる乳酸菌の中でFK-23菌」は、免疫力がズバ抜けて高い菌です。

「FK-23菌」を摂取するようになったところ、白髪が減り、黒髪が生えてきた、また抜け毛がおさまったということもあるようです。

「お酒がおいしくなったという話もよく聞きます。

肝機能を向上させる効果があり、C 型肝炎治療剤としての特許も取得している「FK-23菌」ならば、これも決して不自然な話ではないのです。

免疫力を高めれば、ガンの再発や転移の可能性を低くすることもできまできます。

病気を克服するために、体調そのものを改善してくれます。

そんな効果が期待できるのが「FK-23菌が21世紀のサプリメントと呼ばれる理由があります。

生菌を原料とした通常の乳酸菌のサプリメントに比べて、殺菌済みの「FK-23は、腸内に送

り込むことができる菌の数が圧倒的に多いのて、他の乳酸菌に比べ腸管免疫を高める効果は3倍、体内で変化することもないため。安心して食べられるのです。

「主治医にしがられない」「病院での治療の内容にかかわらず食べれる」のですから,現在すでに病気と闘っている人にとつて、心強い味方といえるのではないでしょうか。

プロテサンは、医師の治療をさまたげない理想のサプリメント

「FK-23菌」の最大の特長は、免疫機 能を高める働きが非常にすぐれていることです。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものでずから、さまざまな病気に効果があっても不思議ではありません。

抗ガン剤治療をする場合、「FK-23菌」のサプリメシトを食べていれば、その効果を上げてくれる一方、副作用は減らすことがきたいできます。

「主治医の治療を妨げない」ことも強調じたいボイントです。

サプリメントにも、いろいろな種類がめり、なかには身体に会わない場合もあります。

たとえば昨今「ガンに効く」と言われている健康食品のなかには、食べすぎると肝臓を悪くするものもあります。

そのようなサプリメントを食べている人は、抗ガン剤もつかえなくなります。

免疫力が下がり病気は、逆に言えば、免疫・力を高めれば、病気を克服できるということです。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。

その免疫細胞の7割くらいは休息状態です。

プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞が目を覚してくれ、免疫機能が活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

がん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

FK-23は、細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和して、痛みの緩和、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

プロテサンの主成分の濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べて頂けます。

抗がん剤治療前に、濃縮乳酸菌FK-23を摂取しますと、善玉菌が増え、腸環境が整って、免疫力が高くなることで、抗がん剤の副作用を緩和、整腸作用、細菌やウイルスの感染予防、ウイルス性肝炎、抗腫瘍・癌による毒性軽減作用や抗がん剤などの白血球の減少抑制に期待できます。

死菌体球菌のメリット

死菌体のメリットは、善玉菌のエサになり、善玉菌を増やすことができるという点で、人の腸は、それぞれ個性があり、棲みついている善玉菌の種類も人によってことなりますが、プロテサンの乳酸菌は、もともと人に棲んでいる菌で、腸にとってはストレスなく受け入れてもらえて、善玉菌を増や事が出来ます。

死菌体球菌は、善玉菌のエサとなる成分(たんぱく・糖・細胞質・核酸)などが含まれており、悪玉菌を増やす成分を吸着して排出する働きなどがあります。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

KYOTO健康村T

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品