KYOTO 健康村 | 健康食品販売

食物繊維で腸内環境を整え、老化を抑制

2019/02/14 記事

腸内環境は、加齢と共にバラシスが変ります。

これも腸の老化の一種なので、腸のおとろえを改善するのが老化の防止につながりまず。

腸内では、善玉菌と悪玉菌が陣取り合戦を展㈱していまず。

この陣地のことを「フローラ」といい、「お花畑という意味です。

40代からは、善玉菌のお花畑の面積が小さくなっで、悪玉菌の面積が増えます。

そうしでバランスが崩れるど、いろいろな不調が表面化しできます。

フローうが広がる腸壁の面積はかぎられでいるため、人為的に新しく善玉菌を補給しでやっても、根を脹って佗を咲かせる場所がありません,

結局のところ、悪玉菌をやっつけて、すでにある善玉苗を増やしていくことが、腸の老化を防ぐ重要な手だてとなるのです。

そこで人事なのが、「食物繊維」です。

善玉菌は、食物繊維を栄挺にして、自分の仲間を増やすためのエネルギを獲得します。

食物繊維そのものは人にとって栄養になりませんが、これからしっかりとることで、腸の老化が抑制され、いろいろな栄養を効率的に吸収できるようになります。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品