KYOTO 健康村 | 健康食品販売

無理なダイエットは、子供を産めない体に

2020/06/06 記事

若い女性の方がよりスリームになろうとダイエットに励んでおられますが、飽食の日本で、20代女性の5人に1人が栄養失調――?!

耳を疑うかもしれないが、これは特別な人のことではなく、普通に暮らしている若い日本の女性の話です。

先進国の中で痩せた女性の割合が最も高いのが日本です。

肥満は健康にとってよくないことは知られているが、実は、痩せ過ぎも大きな害をもたらし、老化が早くなります。

栄養不足は女性自身の美容を損ない、健康を害するだけでなく、子供を産みたいと思っている女性にとっては、その子供の将来にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

人が生きていくために 必ず摂らなければならない栄養は、約50種類ほどあると言われています。

食事制限ダイエットにより それらの栄養が充分に摂取されないでいると、人の身体は様々な異常をきたすようになります。

脳機能の低下に始まり、視力・運動能力・反射神経の低下、臓器機能障害、骨粗しょう症の発祥、考えただけでもゾッとしますよね?

また、美しくなるために始めたはずのダイエットですが、必須の栄養を摂取しないと、肌ツヤ・髪質は目に見えて悪化し、どんどん美しさからは遠ざかってしまいます。

食事制限によるダイエットにより、たしかに体重は減り、若干細身にもなり、多少はスタイルが良く見えるかもしれません。

それは、余分な皮下脂肪が落ちたのではなく、筋肉(外から見える力こぶだけではなく、内臓を動かす筋肉 = 生命を維持する筋肉)が痩せほそり、また、骨密度がスカスカになってしまった結果なのです!

減った体重」と引き換えに「寿命を削った」という、危険極まりない状態です。

細身の服は着れるようになっても、肌のツヤ・肌の張りは激しく衰えます。

目の周囲にクマもでき、少々歩くだけで疲れやすくなり、貧血で倒れて病院へ運ばれてしまうかもしれません。

また、女性が無茶なダイエットを継続して行うと、生理が止まってしまうこともあります。

場合によっては、そのまま一生子供が望めない身体になってしまう可能性も、否定できません。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品