KYOTO 健康村 | 健康食品販売

インスリンの働きを高めるプロテサン

2018/09/30 記事

糖尿病の研究で、腸内細菌の中には、糖尿病を改善させるすごいパワーを持った菌がいることが明らかになりました。その「糖尿病をブロックする腸内細菌」に元気になってもらって、血糖値が下がりやすい体質変える事のです。
血糖値を下げる働きがある腸内細菌は、食物繊維をエサにしていまから、毎日の食事に、その食物繊維を一品加えることで、腸内細菌が元気になります。

そうすれば、腸にある「インスリンを出せ」とすい臓に指令を送るスイッチが増えます。
せっかく増やしたスイッチを、効率よく押すためには、食事の順番もあります。魚を食べますと、インスリンを出せ、という指令か発信されます。

糖質を最初に食べますと、せっかくの魚のパワーが激減します。ごはんよりも先に、魚を食べることが大切です。血糖値が気になる人は、これからの食事は、まず野菜で腸内細菌にエサやり、それから魚でスイッチを力強く押し、それからごはん、ということを心がけましょう。そうすれば、自然に糖質の量も減らせるようになります。

糖尿病になると、血管の中は血糖値が高い状態が続き、血管を傷つけたり、血液をドロドロにしたり、さまざまな負担を血管に与え、血管をボロボロにしていく病気です。

特に、細い血管(毛細血管)は、もともと血管自体がもろく、血糖値が高い状態の影響が早いうちから出てしまいます。

毛細血管が集中する網膜、腎臓、手足に現れる障害の「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」は糖尿病の三大合併症(細小血管障害)と言われ糖尿病で起こる確率が高い合併症です。

血糖値が高い状態は、毛細血管だけではなく太い血管にも影響を与えます。大血管障害と呼ばれる、脳梗塞・心筋梗塞など直接命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

これらの合併症は、糖尿病の可能性がある、あるいは糖尿病と診断されたときから進行し、5~10年くらいで出現すると考えられています。血糖値が高い状態をほうっておくと、ゆくゆくは失明や透析や手足の壊疽えそを引き起こします。今の生活習慣を改善し、正しい治療をすれば合併症を防ぎ、普通の人と変わらない生活が送れます。

糖尿病を予防改善する為には、腸環境を整える事が基本になります。

プロテサンの主成分である「FK-23菌」は、生活習慣病の改善に、善玉コレステロールを増やしして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをしてくれます。

プロテサンの主成分である「FK-23菌」効果は、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサンの主成分である「FK-23菌」は、主治医の方が処方してくださる薬剤の効果・効能を損なわない濃縮乳酸菌サプリメントです。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品