KYOTO 健康村 | 健康食品販売

「うつ病」を緩和する腸内菌

2021/11/25 記事

うつ病の人は、下痢や便秘、腹痛など腸のトラブルを抱えている人が多く、精神疾患がある人は、ない人に比べて大腸に病気があるわけではないのに腹痛や便秘、下痢などが続く過敏性腸症候群を発症している割合が高いことがわかっています。

調査では、精神疾患がない人の過敏性腸症候群の発症率は約1割でしたが、うつ病の人は約3割あるそうです。。

一部のIBSは、腸内細菌が大きく関わっていると考えられています。

過敏性腸症候群患者の腸内細菌叢(さいきんそう)については、大腸菌、ストレプトコッカス、ルミノコッカスなどの菌が増加し、“善玉菌”のビフィズス菌や乳酸桿菌が減少しています。

また、細菌の種類が変化するだけではなく、細菌の総数が増えるという説もあります。

過敏性腸症候群患者の腸粘膜は軽い炎症がみられることが多いのですが、細菌数が増えることによって炎症を起こし、それによって免疫が活発になると腸の動きに影響を与え、腸の知覚が過敏になり、腹痛の原因になると考えられます。

うつ病患者はビフィズス菌が少ない

うつ病はさまざまな要因が指摘されていますが、その一つに慢性的で軽い脳の炎症によって起きる、という考え方があります。

体が炎症を起こしているときは、だるくてやる気がなくなり、憂鬱(ゆううつ)になるものです。

「脳腸相関」が明らかになった近年、注目されているのが腸に悪玉菌が増えることで腸粘膜に炎症が起き、その炎症が血流にのって脳にも炎症を惹起するという考え方です。

うつ病患者の腸内細菌を調べると、うつ病患者の便に存在していたビフィズス菌数は、そうではない人に比べて明らかに少ないことが認められました。

同じく善⽟菌の乳酸桿菌の菌数も少ない傾向にありました。

この結果からビフィズス菌や乳酸桿菌が少ないと、うつ病のリスクが⾼くなる可能性が考えられます。

さらに乳酸菌飲料やヨーグルトなどの摂取頻度と腸内細菌の関係を調べたところ、うつ病患者の中で週に1回以上これらを摂取している人は、そうではない人に比べて腸内のビフィズス菌が多いことがわかりました。

うつ病と腸内細菌は、双方向性の関係にあるのではないかと思っています。

つまり、うつ病を治療すれば腸内環境はよくなり、腸内環境がよくなればうつ病もよくなるということです。

プロテサンr45包

プロテサンg45包
プロテサンB45包
含有乳酸菌数
1包中3千億個
税込価格  4.860円
数量:
プロテサンR45包
含有乳酸菌数
1包中1兆個
税込価格 11.385円
数量:
プロテサンG
乳酸菌含有数
1包中2兆個
税込価格  19.800円
数量:
プロテサンs45包 プロテサンb100包 プロテサンr100包 
プロテサンS45包
乳酸菌含有数
1包中4兆個
税込価格  37.125円
数量:  
プロテサンB100包
乳酸菌含有量
1包中3千億個
税込価格  11.000円
数量:
プロテサンR100包
乳酸菌含有数
1包中1兆個
税込価格 25.300円
数量:
プロテサンg100包 プテサンs100包

花粉症サプリ

プロテサンG100包
乳酸菌含有量
1包中2兆個
税込価格  44.000円
数量:
プロテサンS100包
乳乳酸菌含有量
1包中4兆個
税込価格 82.500円
数量:
チサフェルナ
LFK乳酸菌含有量
1包2兆個
税込価格  9.900円
数量:

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品