KYOTO 健康村 | 健康食品販売

うつ病は、誰でもかかりうる現代病

2019/07/11 記事

働き盛20~30代の方に増えています。

大企業の企業内のうつ病予備軍を含めると

4人に1人が、うつ病とまで言われています。

その要因は

1.人間関係かくるストレス

2.仕事上のプレッシャー

3.栄養不足

うつ病は、企業の活力を奪う大きな要因になって来ています。

自殺者の数は、2008年以降11年連続、3万人以上方がなくなっています。

その内の7割が「うつ病」言われています。

うつ病で受診した方は、2005年度で66万6千人

世界保健機関は、日本人のうつ病患者は、480~720万にと推計しています。

うつ病とは、強い悲しみと失望感にとらわれ、

生きる喜びが感じられず、やる気を失い、

あらゆることに興味がもてなくなる心の状態です。

 

その本質は脳のエネルギーと興奮不足です。

一般にうつ病の原因は不明といわれていますが、

ビタミンやミネラルなどの栄養素の欠乏が大き原因の一つです。

ビタミンやミネラルなどの欠乏は、

脳内の「神経伝達物質」の量と質に影響を与えます。

うつ病の7割は、ビタミンやミネラルで治せると言われています。

 

薬物療法だと

1.副作用が心配

2.長期間使用すると耐性ができて薬が効きにくくなる

3.長期間の使用により依存症になる可能性がある

4.薬によつては脳に恒久的なダメージを与えるなどの問題があります。

善玉菌が少なくなると「うつ病」になるリスクが高まる

腸内には 100兆個、重さにして約1~1.5kg、1000種類以上もの腸内細菌が生息し、食物からの栄養素の吸収、ビタミンやタンパク質の合成、体外からの新たな病原菌の侵入の防止など、多岐にわたる重要な機能を担っています。

近年、腸内細菌は脳の機能にも影響を与えること(腸―脳相関)を示唆する研究結果が次々に報告されています。

うつ病患者のは、健常者群と比較して、善玉菌の菌数が有意に低く、ビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下であることが、世界で初めて明らかされました。

うつ病になるの人は・・・・

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品