KYOTO 健康村 | 健康食品販売

高齢者・糖尿病のコロナ対策

2020/07/20 記事

新型コロナウイルスで重症化しやすいのは、高齢者に含め、糖尿病、心不全、呼吸器疾患がある人や、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人だ言われています。

新型コロナウイルスに感染すると、高齢者や糖尿病などの併存症のある人で重症化しやすいことが、中国などのデータで示されています。

糖尿病のある人はとくに注意が必要となります。

糖尿病であって血糖コントロールが良好でないと、とくに高齢者では、感染すると病状が悪化することがあります。

新型コロナウイルスでは、心疾患などの糖尿病合併症を発症しているとリスクは大きくなります。

糖尿病の人が感染症にかかると悪化しやすい原因は、主に高血糖だと考えられている。

血糖値が高い状態が続くと

  • ウイルスや細菌から体を守る好中球の機能が低下する。
  • 免疫反応が低下する。
  • 血流が悪くなる。
  • 神経障害により感染症が悪化しやすくなる。
  • コルチゾールなどのホルモンやサイトカインなどのインスリンを効きにくくする物質が増え、血糖値がより上昇しやすくなる。

感染症に対策するためにも、糖尿病の人はふだんから良好な血糖コントロールを維持し、糖尿病合併症を予防する必要がある。

糖尿病の研究で、腸内細菌の中には、糖尿病を改善させるすごいパワーを持った菌がいることが明らかになりました。

その「糖尿病をブロックする腸内細菌」に元気になってもらって、血糖値が下がりやすい体質変える事のです。

FK-23菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防いでくれる乳酸菌で、妊婦の方も安心して食べて頂けます。

新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます

  • LFK乳酸菌菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動を始めてくれます。
  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

腸内環境は、血糖コントロールとも深く関わっています。

米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロールがずっと良好、あるいは徐々に改善する人の腸内では、腸内細菌が多くみられ、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌が多いことが判明されています。

順天堂大学の研究チームも、日本人の2型糖尿病患者の腸内フローラと、腸内細菌の血流中への移行について調査され、糖尿病患者の腸内フローラが乱れていることと、腸内細菌が腸内から血流中へ移行しやすいことを明らかにされています。

プロテサンは、新型コロナを予防するだけでなく、糖尿病など生活習慣病を予防改善する乳酸菌です。

プロテサンを摂取しますと、腸環境が整い、免疫力が高まり、動脈硬化を起こした血管、傷ついた血管を修復し、血液をサラサラにして、万病を遠退けてくれます。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品