KYOTO 健康村 | 健康食品販売

子供の新型コロナ感染初期症状

2021/01/16 記事

子どもは家庭内で感染が多く、ご家族の感染予防が大事です。

家庭内に感染の疑いがある人がいる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。

子どもの感染者数は成人と比べると少ないですが、感染しやすさは成人と変わらないようです。

症状は、発熱、咳が見られる一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ないとされています。

成人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されています。

一部の患者では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状も認めるようです。

成人で報告されている嗅覚や味覚の異常が子どもで認められるかは、今の時点では不明です。

厚生労働省は5月8日、新たな相談の目安を公表し、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけています。

息苦しさや強いだるさ・高熱などの強い症状がある場合・高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合・重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合

発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合新型コロナウイルス初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。

人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。

感染してから約4日(最大日)14日)後に風邪のような症状が出現します。

風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、咳、ノドの痛みなどです。

その他にも頭痛、だるさ、関節痛・筋肉痛などの症状がみられることがあります。

このように、新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があります。

特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。

つまり、発症してから1週間程度は風邪のような軽微な症状が続き、約2割弱と考えられる重症化する人はそこから徐々に悪化して入院に至るというわけです。

もう一つの特徴として、嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。

特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。

川崎病のような症状も欧米諸国から報告されていますが、日本ではまだ報告はありません。

感染していても無症状である可能性も指摘されていますが、子どもは正確に症状を訴えられないことに注意しなければなりません。

子どもの患者が重症化する割合は成人と比べると少ないですが、大人と同様に呼吸状態が悪くなることもあります。

2歳未満の子どもは、重くなる傾向があり注意が必要です。

一般的に小児ぜんそくなどの合併症を持っている子どもの呼吸器感染症は、重症化する可能性があります。

ただ基礎疾患ごとにリスクや対応は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。

周囲の人が感染しないように気を付けることが重要です。

母親が感染している場合は、接触や咳を介して子どもに感染させるリスクがありますので、直接の授乳は避けてください。

母乳自体の安全性については現時点では明らかではありませんが、中国からの報告では、感染した女性の母乳を調べたところウイルスは検出されなかったとされています。

母親が解熱し状態が安定していれば、手洗い等を行った上で搾乳により母乳を与えることは可能と思われます。

感染している人のくしゃみや咳に含まれる飛まつを直接浴びないという観点からは、マスクをすることの利点はあるかと思いますが、小さな子どもでは現実的ではないと思われます。

子どもの患者のほとんどは、家庭内において保護者から感染していますので保護者の方が感染しないこと、感染した方から2メートル以上の距離を保つことが子どもの感染予防につながります。

ウイルスに汚染されたおもちゃや本などに触れた手で、口や鼻、目を触ることでも感染しますので、手洗いや消毒も大事です。

国内で新型コロナウイルスに感染している子どもは徐々に増えつつありますが、ほとんどは家庭内で保護者から感染したものです。

他の病原体による感染症の可能性も十分ある状況です。

新型コロナウイルス感染の軽症者に対する特別な治療法はありません。

今の段階では、呼吸数が多い、肩で息をする、呼吸が苦しい、唇や顔の色が悪いなど、肺炎を疑う症状があり、入院が必要と考えられる場合を除いては、新型コロナウイルス感染症を心配して医療機関を受診することはお勧めできません。

子どもでは、原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しい、経口摂取ができない、ぐったりしているなどの様子が見られるときは、様々な病気が考えられますので速やかに医療機関を受診してください。

子どもにおいて特別な感染予防はなく、大人と同様に、手洗い・手指消毒を行ってください。

密閉空間、密集場所、密接場面という3つの「密」が同時に重なるような場所は避けてください。

子どもは家庭内で感染していることが多いとの報告があるため、まずはご家族の感染予防が大事です。

家庭内に感染の疑いがある方がおられる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。

新型コロナウイルスに感染し自宅待機になった場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、後遺症を減らし、治りを早くしてくれます。

新型コロナウイルス感染には、自己免疫力を高めておくことが大切で、FK-23菌は、免疫を高めて感染を予防してくれます。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

LFK乳菌は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって、ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させる特許を取得しています。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

プロテサンのFK-23菌は、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、免疫力を高めるだけでなく傷ついた血管を修復したり、肝機能を高めたり、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化に働くなど、万病を遠のけてくれます。

プロテサンのFK-23菌は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。

プロテサンは、1包で乳酸菌6000億個・1兆個・2兆個・4兆個の4タイプがあり、どのタイプのプロテサンも同じFK-23菌です。

プロテサンr100包 

ステビア濃縮エキスは、活性酸素を排除し、自然治癒力と免疫力を高め、コロナ感染を制御してくれる。

ステビアは、南米バラグアイ原産のキク科の多年草で、人類の生命の依存に福音となる秘めたる効力の可能性がありま。

ステビアエキスは、有害な細菌は殺し、有用な細菌は増やす選択的殺菌作用があります。

住友化学分析センターによれば、ステビア抽出液を添加した焼却中のダイオキシン類の濃度を調べた結果、毒性の強さを示す量が96%も減少していることが確認されています。

東北大学の神尾好景教授らは、ステビア濃縮液が、病原性大腸菌O-157や腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌を殺菌するのに強力な効果を示したと報告されています。

ステビアは、がんの抑制作用や強い抗酸化力以外に、免疫力を高める作用、強い解毒・殺菌作用・ウイルスを抑制する作用、糖尿病の改善作用などがあり、肝臓や心臓などが、元気に機能するようになります。

詳細は、生活習慣病が遠のくステビア

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品