KYOTO 健康村 | 健康食品販売

子供の新型コロナ感染初期症状

2020/10/09 記事

子どもの感染者数は成人と比べると少ないですが、感染しやすさは成人と変わらないようです。

家庭内で感染しているのが多く、発熱、乾いた咳を認める一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ないとされています。

成人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されています。

一部の患者では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状も認めるようです。

成人で報告されている嗅覚や味覚の異常が子どもで認められるかは、今の時点では不明です。

川崎病のような症状も欧米諸国から報告されていますが、日本ではまだ報告はありません。

感染していても無症状である可能性も指摘されていますが、子どもは正確に症状を訴えられないことに注意しなければなりません。

子どもの患者が重症化する割合は成人と比べると少ないですが、大人と同様に呼吸状態が悪くなることもあります。

2歳未満の子どもは、重くなる傾向があり注意が必要です。

一般的に小児ぜんそくなどの合併症を持っている子どもの呼吸器感染症は、重症化する可能性があります。

ただ基礎疾患ごとにリスクや対応は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。

周囲の人が感染しないように気を付けることが重要です。

母親が感染している場合は、接触や咳を介して子どもに感染させるリスクがありますので、直接の授乳は避けてください。

母乳自体の安全性については現時点では明らかではありませんが、中国からの報告では、感染した女性の母乳を調べたところウイルスは検出されなかったとされています。

母親が解熱し状態が安定していれば、手洗い等を行った上で搾乳により母乳を与えることは可能と思われます。

感染している人のくしゃみや咳に含まれる飛まつを直接浴びないという観点からは、マスクをすることの利点はあるかと思いますが、小さな子どもでは現実的ではないと思われます。

子どもの患者のほとんどは、家庭内において保護者から感染していますので保護者の方が感染しないこと、感染した方から2メートル以上の距離を保つことが子どもの感染予防につながります。

ウイルスに汚染されたおもちゃや本などに触れた手で、口や鼻、目を触ることでも感染しますので、手洗いや消毒も大事です。

国内で新型コロナウイルスに感染している子どもは徐々に増えつつありますが、ほとんどは家庭内で保護者から感染したものです。

他の病原体による感染症の可能性も十分ある状況です。

新型コロナウイルス感染の軽症者に対する特別な治療法はありません。

今の段階では、呼吸数が多い、肩で息をする、呼吸が苦しい、唇や顔の色が悪いなど、肺炎を疑う症状があり、入院が必要と考えられる場合を除いては、新型コロナウイルス感染症を心配して医療機関を受診することはお勧めできません。

子どもでは、原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しい、経口摂取ができない、ぐったりしているなどの様子が見られるときは、様々な病気が考えられますので速やかに医療機関を受診してください。

子どもにおいて特別な感染予防はなく、大人と同様に、手洗い・手指消毒を行ってください。

密閉空間、密集場所、密接場面という3つの「密」が同時に重なるような場所は避けてください。

子どもは家庭内で感染していることが多いとの報告があるため、まずはご家族の感染予防が大事です。

家庭内に感染の疑いがある方がおられる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。

もし、新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

ニチニチ製薬は、医療機関や大学と共同研究を重ねてウイルス感染防御剤など11件の治療用途特許を取得しています。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動を始めてくれ、過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

感染防御剤のLFKを摂取することで、肺胞が破壊されることを抑えて肺胞が死滅するのを防ぎ、さらに肺胞上皮細胞が死滅して肺胞が少なくなっても新しい肺胞上皮細胞の増殖が促されることが確認できています。

これにより、肺の炎症が抑制されるため、ウイルス性肺炎にかかっても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

プロテサンは、免疫力を高める乳酸菌で、安全で副作用く、万病の予防・改善にお勧めできます。

 

プロテサンは、ウイルス感染防御剤の特許取得商品で、このプロテサンで免疫力を高めていれば、感染した場合に重症化するのを抑え、治りを早くしてくれます。


コロナに負けないドイツ生まれの新しい健康法

ドイツ生まれの健康法は、体に蓄積している化学物質やストレスを抜き、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つことで、健康が取り戻せます。

脳には、体の機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波の影響によって、脳からの周波数が弱くなったり、流れが悪くなることで、カラダに支障が現れてくるようになります。

Healyは、スマートホンからプログラムをダウンロードし、それを体内に取り込むだけです。

料理や仕事中、テレビを見ながらでも健康づくりができます。

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムで、カラダを調整ホローしてくれます。

プログラムを体内に取り込むことで、体に蓄積している不要物の排出ができたり、ストレスが抜けたり、血液がサラサラになったり、疲労が即解消できたり、体全体の細胞が活性化することで、癌や生活習慣病の予防ができます。

人間の体には、病気を治してくれる自然治癒力がありますが、加齢やストレス、食生活などの影響を受けて下降して行きますが、Healyは小さな電子機器ですから、加齢やストレスなどの影響を受けることはなく、個別に設定した周波数を使用して、身体の特定の位置に刺激を与えます。

Healyは、人間の治癒力を手助けする医療機器です。

この小さな万能デバイスには周波数プログラムが組み込まれ、エネルギーバランス、バイタリティ、全体的なウェルビーイングを向上してくれ、選択した周波数プログラムを定期的に使用することで、細胞膜の張力を自然なレベルに回復してくれます。

体験者の声
Healyを使うようになってから、肌荒れが解消できた。
Healyを使うようになってから、風邪をひかなくなった。
Healyを使うようになってから、血糖値が下がった
Healyを使うようになってから、血圧が正常になった
Healyを使うようになってから、苦手な科目の学習がらくになった。
Healyを使うようになってから、夜のトイレの悩みがなくなった
Healyを使うようになってから、体調が悪い時に、直ぐに回復できるようになった。
Healyをを使うようになってから、体がよく休まり、活力が満ちてきた。
Healyを使うようになってから、集中してバランスを保つことができるようになった。
Healyを使うようになってから、マッサージに行く必要が亡くなりました。

ドイツ生まれのHealy

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品