KYOTO 健康村 | 健康食品販売

乳がんを治すには、血液浄化から

2020/09/07 記事

癌は、腸環境を整え、アルカリ体質に変えれば、再発や転移しなくなります。

抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態は、ボロボロで、毒性で全身の血液細胞がやられ、ボロボロの血液は、新たなガン細胞を作る血液になります。

いくらガン組織を破壊しも、小さくしても、全く意味がなく、再発や転移を繰り返してしまうのです。

腸内を一掃する事から始めないと、本当にガンは治りません。

ガンはガンから生まれるのでなく、腸と血の汚染からで、根本的な原因を絶つ事は、自分しかできないのです。

血液は、腸で作られ細胞になるので、血液の浄化と腸内の浄化、食生活を改める事が大切で、ガンの方の腸は、猛烈に汚れていて、宿便が膨大に溜まって、汚染血液が生じています。

これがガンの根本的な発生源です。

ガンはガンから生まれるのではなく、汚染された腸から、汚染された血液になり、ガン細胞へとなるのです。

これを取り除けば、新たなガンは出来なくなります。

腸管造血と腸管免疫をよくするのに、食生活を見直して、善玉菌を増強し、腸をきれいにする3兆個濃縮乳酸菌を摂取することです。

魚、とくに青魚(イワシ、サバ、サンマなど)に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取しましょう。

DHAには、血管の弾力性を高めたり、赤血球の柔軟性を向上させる効果があります。

EPAには、血栓をつくりにくくして血流をよくする効果があります。

赤ワインやブドウ、緑茶、ココアなどにふくまれているポリフェノール類には、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。

ポリフェノールの一種であるカロチノイドにも、強力な抗酸化作用があり、動脈硬化の予防に役立ちます。

代表的なものに、ニンジンやブロッコリーに多いβカロテン、トマトに多いリコペンがあります。

また、タマネギに多くふくまれるケルセチンというポリフェノールは、脂質類の吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。

抗がん剤に匹敵する副作用のないプロテサン

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復してくれます。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

FK-23菌

抗ガン剤治療前に「FK-23菌」を摂取すれば、抗ガン剤治療効果を上げでくれる一方、副作用を減らすことができ、「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくます。

「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方をしてくれます。

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品