KYOTO 健康村 | 健康食品販売

体の機能が若返る高分子コラーゲン

2019/04/12 記事

新しいコラーゲンを積極的に摂取しますと、古いコラーゲンと新しいコラーゲンが入れ替わるので、細胞が活性化し、身体の各部の機能が目覚めて、若さが蘇ってきます。

 

 

カラダの中で一番多い成分は水分(60~70%)で、その次に多いのがタンパク質(15~20%)です。

そのタンパク質の3分の1がコラーゲンです。

体重50キロの女性ですと、約3キロのコラーゲンを持っていることになります。

コラーゲンはカラダのあらゆる所に含まれており、細胞と細胞をつなぐとともに、カラダの土台を作っているのです。

毛細血管 酸素や腸で作られた栄養分はカラダ中の血管を通して60兆個ある細胞に運ばれて行きます。

この時、毛細血管を通して運ばれてきた栄養分は、直接細胞に届くのでなく細胞物質であるコラーゲンを通して運ばれます。

コラーゲンは栄養の「通り道」になります。

コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズに届かなくなり、細胞から出た老廃物もスムーズに排泄できなくなり,カラダの「流れ」がわるくなり、動脈硬化や「ゴースト血管」が起きて来ます。

 


体内のコラーゲンは加齢と共にどんどん減少していきます。

それにともない、シワ、たるみなどの肌の衰えや関節痛、骨密度の低下などの老化現象が起こってしまいます。

コラーゲンは、骨・関節・血管・筋・内臓・脳・肌に関わっています。

20歳をピークに徐々に衰えはじめ、40歳を過ぎると急速に衰え、体の各部に支障が起きてきます。

新しいコラーゲンを積極的に摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替わり、細胞が活性化して、身体の各部の機能が目覚めて健康になってきます。

コラーゲンは、肌や髪、関節などの様々な症状を解決する手段になり、新しいコラーゲンを接種しますと、体全体が若返ります。

 

 


コラーゲンは、免疫は深い関わりがあって、ウイルス・細菌・ガンにも負けない免疫機能をUPしてくれます。

コラーゲンは、髪や爪に栄養を与えていて、抜け毛や割れ爪が起きるのは、コラーゲンの老化が原因です。

コラーゲンが減りますと骨粗しょう症になります。

をビルに例えますと、カルシュウムは、コンクリトで、コラーゲンは、骨の鉄筋になります

カルシュウムは硬さを保ち、コラーゲンは、骨の柔軟性をもたせてくれます。

関節軟骨の50%はコラーゲンで、クッションの役割をしています。

 

関節の軟骨がすり減りますと、腰や膝に異常が起きてきます。

じん帯・腱もコラーゲンからできていて、バネの役割をしています。

のほとんどがコラーゲンでできていて、正確に見えるのはコラーゲンのおかげです

大切な角膜もコラーゲンで、細菌やウイルスから膜を保護する働きをしています

老眼になるのは、コラーゲンの老化が大きく関わっています

歯茎の60%はコラーゲン  加齢と共に歯茎が痩せ衰えてゆきますので、新しいコラーゲンが必要です。

を支えている真皮の70%はコラーゲンで、新しいコラーゲンの補給で肌年齢を変えることができます

コラーゲンは、40歳を過ぎますと急速に衰えて、乾燥肌・シミ・シワ・たるみの原因になっています。


コラーゲンの愛用者から、

「関節の痛みがなくなった」「シワやシミが薄くなった」

「肌にツヤが出てしっとりしてきた」「薄かった髪が増えてきた」

「白髪が減った」「骨密度が上がった」

「アトピー性皮膚炎が治った」などの歓びが届いています。

コラーゲン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品