KYOTO 健康村 | 健康食品販売

がん細胞が嫌う明日葉クエン酸ジウース

2019/10/02 記事

クエン酸水は、活性酸素の害を取り除く水もあり、毎日飲んでおけばがん対策に期待でます。

体に良い水は第一にアルカリ性であることです。

人の体液は大体PH7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれています。

体がアルカル性であれば、癌の発生や転移がありません

疲れて免疫力が落ちてくると酸性に傾いてくるので、PH7.5以上のアルカリ性の水を体に常時入れてあげることが大事です。

摂取量の制限より多くの水分を摂取すると、呼吸苦や浮腫の増強を引き起こす可能性があります。

逆に極端に少ないと、尿が作られないために尿毒素が体にたまる危険性があります。

医師の指示内容を厳守することが大切です。

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。

ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。

そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。

ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。

「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

ガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。

酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます 。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。

ピタミンBをはじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにジンシステインといったアミノ酸などなどが必要です。

 


明日葉は、野菜の中でもビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な上、それらがとてもバランスよく含まれ、他に植物としては良質のタンパク質を含有しています。

ひとつひとつの栄養素でみれば、含有量の多く、明日葉ほど多種の成分が含まれ、それぞれの量の多い野菜は他にありません。野菜の王様と呼んでふさわしい、今もっとも注目の健康野菜です。

明日葉効果

明日葉免疫力効果
明日葉には免疫力を活性化させる働きがあります。そのため、病気になりにくい健康な体を維持、体の調子を高めるという効果が期待できます。
明日葉には抗酸化作用もあるので、活性酸素の発生を抑える働きもしてくれます。

明日葉整腸作用
明日葉には、食物繊維が豊富に含まれていますから、腸内環境を整えてくれる効果があります。そして、腸内をきれいにし、たまっていた不要物を排出してくれます。

明日葉の発がん抑制効果
活性酸素の発生を抑制してくれる効果があるので、活性酸素によって細胞が傷つけられるということを予防してくれます。細胞が傷つくとがん化してしまうというリスクが高まりますが、明日葉の効果効能によって細胞を傷つけるリスクを予防してくれるのです。

明日葉の血行促進の効果
クマリンという成分が抗酸化作用が特徴のポリフェノールの一種で、香り成分として知られ血行促進効果を持つ栄養素です。

明日葉の疲労回復の効果
明日葉には、ビタミンB1が含まれていています。そのビタミンB1は、疲労回復やエネルギー生産に欠かせない栄養素です。

がん細胞が嫌う明日葉クエン酸ジウースの作り方

癌が嫌うクエン酸水の作り方
<材料>

・クエン酸2.5g

・浄水250cc

・蜂蜜

・明日葉小さじ1杯

<作り方>

.コップに浄水250ccとクエン酸2.5g、蜂蜜を入れ、よくかき混ぜる。

クエン酸水に、カルマックスを数滴入れますと、細胞を元気にするミネラルの補給か出来ます。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品