KYOTO 健康村 | 健康食品販売

腸の不調が乳がんや子宮頸がんに

2020/06/07 記事

「乳がんや子宮頸がん」は、腸内細菌の偏りが原因

乳がんや子宮頸がんは、女性ホルモンの分泌と深いかかわりがあると考えられています。

データーによりますと、女性ホルモンのバランスを崩しやすい30~40歳がピークになります。

婦人科系がんに影響それるのが、「エストロゲン」という女性ホルモンです。

エストロゲンが受容体物質と結合すると、がん細胞を増殖させるスイッチが入ると言われています。

エストロゲンか過剰に増えすぎると、がん細胞が増えやすくなり、発がんリスクが高まります。

エストロゲンの過剰増加には、腸内細菌が深く関わっています。

腸内には、エストロゲンを分解する細菌が存在し、その菌がホルモンバランスをコントロールしているのです。

乳がんの患者さんの腸内は、腸内細菌の種類の多様性が失われタディスパイオンス状態になっており、

エストロゲンを分解する細菌か激減しています。

がんを予防するに、腸環境のバランスに意識をむけてください。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品