KYOTO 健康村 | 健康食品販売

腸の不調が呼び込む乳がん

2020/08/27 記事

「乳がんや子宮頸がん」は、腸内細菌の偏りが原因

乳がんや子宮頸がんは、女性ホルモンの分泌と深いかかわりがあると考えられています。

データーによりますと、女性ホルモンのバランスを崩しやすい30~40歳がピークになります。

婦人科系がんに影響それるのが、「エストロゲン」という女性ホルモンです。

エストロゲンが受容体物質と結合すると、がん細胞を増殖させるスイッチが入ると言われています。

エストロゲンか過剰に増えすぎると、がん細胞が増えやすくなり、発がんリスクが高まります。

エストロゲンの過剰増加には、腸内細菌が深く関わっています。

腸内には、エストロゲンを分解する細菌が存在し、その菌がホルモンバランスをコントロールしているのです。

乳がんの患者さんの腸内は、腸内細菌の種類の多様性が失われタディスパイオンス状態になっており、

エストロゲンを分解する細菌か激減しています。

米国内分泌学会は、腸内細菌が豊富な閉経女性はエストロゲンの代謝が促進されて、乳癌リスクが低下するとの研究が公表されています。

腸内微生物叢を構成する腸内細菌は、消化を助けるとともに、エストロゲンの代謝に影響し、体内を循環するエストロゲンとその代謝物の割合が、閉経後の乳癌発症リスクと関連していることが示されています。

閉経女性60人(年齢55-69歳、6-8週間前に行ったマンモグラムは全員正常)を対象に便と尿を採取し、便中細菌と尿中エストロゲン代謝物の相関を検討されました。

その結果、腸内細菌叢が多様な女性ほどエストロゲン代謝物の濃度は高く、これらの女性の乳癌発症リスクは低いことが解明されました。

研究者は「この結果は、腸内細菌叢の多様性と将来の乳癌発症リスクとの関係を示しており、理論的には食生活や薬などで変えることができる」と解析されています。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。しかし、その免疫細胞の7割くらいは休息中です。

プロテサンを接趣旨ますと、FK-23菌は免疫細胞の餌になり、休眠中の免疫細胞が目覚めることで、生きた菌の3倍も自然治癒力や免疫力わ高めてくれます。

FK-23菌プロテサンは、ガン予防や改善、感染症予防をしてくれます。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞や心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

プロテサンは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

プロテサンは、特殊加工熱処理された死菌ですから、安全性が高い乳酸菌になっています。

プロテサンは、動脈硬化を予防・改善するだけでなく、腸内細菌叢を改善し、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富で、11件の医療用途特許を取得している乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品