KYOTO 健康村 | 健康食品販売

大腸がん・胃がんCAPOX抗がん剤副作用

2021/07/14 記事

がんに対しては様々な抗がん剤を使った治療が行われますが、いくつかの抗がん剤を組み含めせる治療法を抗がん剤の併用療法といいます。

CAPOX(カボックス)療法とは、カペシタビンとオキワリプラチソという2種類の抗がん剤を組み合ねせて使用する併用療法です。

カペシタビソ
フツ化ピリミジン系の抗がん剤です。がん細胞に多く含まれる酵素によって変化し、効率よく働いて、がん細胞の増殖をおさえます。

オキサリプラチン
白金(プラチナ)製剤に属する抗がん剤です。がん細胞の遺伝子(DNA)と結令し、その今成を妨げることで、がん細胞の増殖をおさえます。

さらに、CApOX療法にべバシズマフという分子標的治、療薬を組み含めせて使用されることもあります。

CAPOX(カボックス)療法の投与スケジュールは、3週間(21 日間)をひと区切り(1サイクル)に行われます。

オキワリプラチンは1日目に病院で点滴授与します(約2時間)。

ベバシズマフを併用する場合は、ベバシズマフを点滴授与(30一90分)した後にオキワリプラチンを点滴授与されます。

カペシタビンは1日目のタ食後から15日目の朝食後までの年日、朝2回服用します。

その後21日目までは体を休める体薬期間を設けます。通常、これを何サイクルか繰り返すことになります。

CAPOX(カボックス)療法による副作用

末梢神経症状

末梢神経、症状は、オキワリプラチンの治療を受けたほぼ全員の方に起こる副作用です。
日常生活に支障をきたす場合には、お薬の量を減らしたり、回復するまで治、治療を休んだりすることがあります。

主な症状

手や足、ロ、のどのまねりにしびれや痛みがある。のどやあごが締め付けられるような感じ、違和感。食べ物や飲み物が飲み込みにくい。舌の感覚がおかしい。

症状の特徴

点滴授与中から起こることがあります。初めは一過性の症状ですが、投与同数が増えるに従って、しびれの症状も重く、回復するまでの時間も長くなっていきます。

長く続く痛みやしびれのために、文字が書きにくい、ボタンがかけにくい、飲み込みにくい、歩きにくいといった症状があられれることもあります。

手足症候群,色素沈着

カペシタビンを眼用した場合に起こりやすい副作用の一つです。多くの場合、力ペシタビソの眼用から8週目くらいまでにあられれます。

手足症候群
手足の皮膚炎です。手のひらや足の裏に刺すような痛み、手足の感覚麻痺、腫れ、皮膚が赤くなる、皮膚の乾燥やかゆみ、変色などがあらわれることがあります。

色素沈着
皮膚や爪が褐色や黒色になる症状です。顔や手足のほか、全身の皮層にあらわれることがあります。

下痢
激しい下痢の症状があられれることがあります。

吐き気 ・嘔吐,食欲不振
吐き気や嘔吐、食欲不振といった消化器症状は、高い頻度であられれる副作用です。

骨髄抑制 (感染症,貧血,出血)
胃髄が抗がん剤の作用を受けると、白血球や赤血球、血小板などをつくる機能が低下して、血液中のこれらの成分が減少することがあります。

白血球数の減少・・感染症にかかりやすい、感染すると症状が重くなる
赤血球数の減少・・貧血(めまい、立ちくらみ、息切れなど)が起こる
血小板数の減少・・出血しやすい、血が止まりにくくなる

アレルギー症状(過敏症)
初めて点滴を受けたときにあられれる場合と、何サイクルか繰り返した後であらわれる場合があります。
主な症状は、「皮層症状(発疹、赤み、かゆみ)」、「息苦しさ」などです。

倦怠感 。疲労感
治療の後に、だるさや疲れを感じやすくなることがあります。

間質性肺炎
肺の間質という部分に炎症が起こり、肺の機能が低下する「間質性肺尖」が起こることがあります。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品