KYOTO 健康村 | 健康食品販売

世界最強の「癌特効薬」?!

2018/11/04 記事

免疫を活発にすれば、癌のリスクは下がる

癌に対して、「とても恐ろしいものだと」と言うイメージを持って居られる方が多いのでないでしょうか。

癌細胞そのものは決して恐ろしいものではありません。

癌細胞は、誰でも体の中で、毎日のように発生しています。

体内では、常に細胞分裂が行われています。

新しい細胞には、ときどき複製ミスが起きて癌細胞が生まれます。

癌細胞は、免疫細胞に見つけられますと、すぐに処理されます。

ですから、免疫細胞が活発であけば、癌の繁殖や転移、再発が抑えられます。

腸環境をよくして腸内フローラが整え,炎症が起こりにくくしすれば、ミトコンドリアが活発に働くようになり、それによって、体全体の細胞も元気に維持できるようになります。

ミトコンドリアは、赤血球以外の全ての細胞に存在し、炭水化物を燃料にしてエネルギーを発生させ、エンジンのような役割を持っている細胞内構造物です。

癌になる腸内細菌を減らす

腸内細菌が大豆イソフラボンから産み出す、エクオールと言う成分が前立腺癌や乳癌の発症や予防に期待されています。

腸内環境を整え、毎日欠かさず大豆や大豆製品を食べますと、若々しく肉体が保て、癌の予防ができます。

癌を引き起こす菌は、肥満の人の腸内に好んで増え、毒性の物質を算出して、癌を発症します。

この菌の対処法は、肥満にならないように、善玉菌を増やすことです。

癌を治すには、汚染源を変えることから・・・

 

 

1

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品