KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌ステージ4克服情報

2019/04/22 記事

病院で末期がんと診断されて余命宣告されたとしても、決してあきらめることはありません。

がんを克服するには、余命や癌のステージにこだわらないマイナスイメージの心をすべて捨てて、がんと闘う気力を無くさないことです。

がんと闘う勇気を奮い立たせたときに、体の中ではがんの進行が止まり、多少縮小しはじめるなどして肉体が「がんと共存」することは、けっして珍しいことではありません。

「潜在的生命力」に気づき、前向きに取り組んで、がんと共存し克服できた人は結果的に自己免疫力を高めたことになります。

自己免疫力は、体内をパトロールして外敵を発見したり、自分の組織に取り込んでしまう細胞もあれば、抗体という武器を作って攻撃する細胞もあります。

さらに仲間が外敵を認識しやすいように目印をつける細胞もあれば、その目印を頼りに外敵を攻撃する細胞などもあります。

私たちの体はこうして、驚くほど精密な免疫システムによって外敵から身を守っているのです。

克服しようという夢を持ちますと、その夢に向かって闘う勇気が生まれてくるのです。

そうすることによって、寿命が延びることもあるのです。

手術をすべきかビうかは、体力しだいで、現在、がんの治療法の主流となっているのは、手術と抗がん剤治療、放射線治療です。

がんがまだ小さく、ほかへの転移がみられない初期のがんの治癒率が高いのは、手術によって切際することができるからです。

医学においては、手術の技術は日進月歩と言ってもいいでしょう。

最近はレーザーや内視鏡などを活用した手術法も開発され、患者の負担も少なくなっています。

まだ十分に体力がある初期のがんであれば、手fで切絵することにも意味があります。

初期ならば、汚血を取り除くことで、体の免疫力はあがり、自然治癒力を発揮して、がんを鎮めることができます。

体力は大きな助けになります。

そのうえで適切な療養生活を送れば、クオリティ・オブ・ライフがあがるうえに、体にとってもいいでしょう。

ただしステージ4の場合は、かなり体力が落ちている状態なので、手術でさらに体力を低下させてしまう危険性があります。

ステージ4になったら、より長く生きるために、療養生活を送ったほうがよいでしょう。

この段階で手術を受けたり、あちこち名医を訪ねて、抗がん剤などの化学薬品を使えば、正常細胞を壊し、体力はどんどん低下し、さらに汚血をためて、各所にエラーを起こして、さまざまな症状が出てきます。

体力を消耗して弱っていくばかりです。

いたずらに治療を受けても、苦しくなり、命を縮めることにもなります。

末期癌から生還した人の共通点

  • 抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断った方。
  • 癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られた方。
  • 抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれた方。
  • 食生活、軽い運動、笑いのある生活、良質な睡眠、など生活の基本が大切であることを気付かれた方。
  • 人間の生活の中で何が大切かを勉強、薬よりも、抗癌治療よりも、根本的な生活の改善が大切であるという事に気付かれた方。
  • 癌克服に、腸バランスと細胞バランスが欠かせないことに気付かれた方

情報リンク

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品