KYOTO 健康村 | 健康食品販売

生活習慣病が癌になる

2020/05/01 記事

がんは、長年にわたっての生活習慣が原因で引き起こされた病気です。

がんは氷山の一角で、水面下に隠された原因であって、心の持ち方や乱れ、食事の乱れ、ライフスタイルの乱れが関わっています。

それを取り除かなければなりません。

原因を放置したままだから再発や転移が起きてしまいます。

ガンは、末期でも治せます。

自分の努力でガンを治した人は、以前よりも心身ともにはるかに健康で幸せな人生が送れるようになります。

がんの手術・薬物治療・放射線治療の3大治療は万能なものではなく、「時間稼ぎ」に過ぎないないかも知れません。

がんの手術・薬物治療・放射線治療の3大治療は、どれも対症治療です。

がん治療は、対症治療だけでなく根本治療が不可欠です。

がんの根本治療とは、すなわち自身の自己治癒力を高めて、がんの病勢に打ち勝つことです。

そのためには3大治療とは別に、自己治癒力を高める手段が不可欠となります。

今までの生き方や過度なストレスが、自己治癒力を低下させ、がんを発生させたのですから、今までの生き方や考え方を変えることが大切です。

自己治癒力を高めるために、食生活を見直し、濃縮乳酸菌なとを摂取して、休眠中の免疫細胞を活性化させることで、免疫力・治癒力が高まります。

FK-23菌

肝機能や腎臓機能が疲れていますので、機能を高めるために、濃縮乳酸菌などの機能食品を摂取して、肝機能や腎臓機能を高めてください。

がんの方は、酸性体質になっていますから、クエン酸ジュースなとでアルカリ体質に変えてください。

太陽に免疫を活性化す生育光線がありますので、今迄より太陽に触れる時間を増やし、むりのない運動をして体をリフレッシュしてください。

3大治療を頭ごなしに否定するのでなく、上手に活用すれば非常に有用になります。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復してくれます。

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品