KYOTO 健康村 | 健康食品販売

乳がんの抗がん剤治療の副作用を緩和する濃縮乳酸菌FK-23

2018/10/12 記事

乳がんのホルモン治療では、

人工的に閉経後のような状態にする副作用かありお

ホットフラッシュ(急に顔がほてる、大量の汗をかくなど)や関節の痛み

気分のムラなど更年期障害のような症状が現れることがあります。

閉経後のホルモン治療は、アロマターゼ妨害剤を使用されることで、

無力感、骨量の低下、関節の痛み、食欲不振などの副作用が起こる場合があります。

抗がん剤治療は、がん細胞ばかりでなく、

骨髄、粘膜、毛根などにある正常な細胞まで攻撃してしまうため、どうしても副作用が出やすくなります。

そのため白血球や血小板の減少、吐き気、食欲不振、味覚障害

においに敏感または鈍感、脱毛、爪の変色・変形などの副作用が起こりやすくなります。

女性にとって髪はとても大切なものですが

抗がん剤治療や放射線治療を受けますと、どうしても脱毛が起こります。

現代医学の限界を超えた濃縮乳酸菌FK-23

近年の研究で、抗ガン剤による副作用を軽減する目的で、

乳酸菌を用いると、疼痛の緩和、食欲や睡眠の改善

体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになってきました。

濃縮乳酸菌FK-23は、ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、

抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和してくれます。

プロテサンの主成分である濃縮乳酸菌FK-23は、

免疫や治癒力を高める為の環境づくりをする乳酸菌

基礎的・臨床なデーターが豊富

病院の治療の内容にかかわらず食べられます。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品