KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗がん剤の副作用を緩和するFK-23菌

2020/01/28 記事

抗がん剤治療を行う目的は、微小転移を根絶させるためで、がんの広がりに応じて術前化学療法、術後化学療法、遠隔転移に対する化学療法の3つの場合に用いられます。

他の臓器に転移している場合や再発した場合には、がん細胞を完全に根絶させることは困難ですので、進行を抑えることで延命効果を得たり、症状を和らげる目的で抗がん剤を用いられます。

抗がん剤は全身の正常細胞にも影響を与え、吐き気、脱毛、白血球減少などさまざまな副作用を起こす可能性があります。

副作用の出方や程度は薬剤によって異なり、個人差もあります

乳がんのホルモン治療では、人工的に閉経後のような状態にする副作用かありホットフラッシュ(急に顔がほてる、大量の汗をかくなど)関節の痛み気分のムラなど更年期障害のような症状が現れることがあります。

閉経後のホルモン治療は、アロマターゼ妨害剤を使用されることで、無力感、骨量の低下、関節の痛み、食欲不振などの副作用が起こる場合があります。

抗がん剤治療は、がん細胞ばかりでなく、骨髄、粘膜、毛根などにある正常な細胞まで攻撃してしまうため、どうしても副作用が出やすくなります。

そのため白血球や血小板の減少、吐き気、食欲不振、味覚障害においに敏感または鈍感、脱毛、爪の変色・変形などの副作用が起こりやすくなります。

女性にとって髪はとても大切なもので、抗がん剤治療や放射線治療を受けますと、どうしても脱毛が起こります。


プロテサンは、北海道大学との共同研究で乳酸菌フェカリスFK-23株の酵素処理物(LFK)がインフルエンザ感染による肺胞上皮細胞の障害(バリアー機能の崩壊)を抑制する機能性を発見など、11件の特許を取得、現代医学の限界を超えた乳酸菌食品です。

近年の研究で、抗ガン剤による副作用を軽減する目的で、乳酸菌を用いると、疼痛の緩和、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

抗がん剤の治療を受ける場合、抗がん剤の副作用で正常な細胞もダメージを受けますのて、抗がん剤の副作用に負けないように、プロテサンの飲用をお薦めるクリニックが増えています。

プロテサンを摂取することで、免疫力を高めて正常細胞のダメージを減少を抑えてくれます。

ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤による毒素を軽減し、体のだるさや吐き気、髪の抜けなどの副作用を軽減してくれます。

プロテサンの主成分である濃縮乳酸菌FK-23は、免疫や治癒力を高める為の環境づくりをする乳酸菌で、免疫力が高いほど抗がん剤の副作用が軽減され、感染症の予防も出来ます。


FK-23菌による免疫力の強さが、癌のさまざまな症状にプロテサン効果を発揮してくれます。

抗癌剤治療の副作用で白血球が減少し、さまざまな病気に対する抵抗力が低下することで、癌以外の病気になる危険性が高まりますので、FK-23菌は、白血球の減少を抑制し、癌細胞の増殖・転移を抑えてくれます。

基礎的・臨床なデーターが豊富病院の治療の内容にかかわらず食べられます。

FK-23 菌は、加熱処理することで、その効果が3倍にまで高まめ、加熱処理されたFK-23菌が膨大に含まれています。

腸内環境は加齢と共に、善玉菌が減少し悪くなって、癌や生活習慣病が気発症しますか、FK-23菌は、あらゆる病気を遠退けてくれます。

 

プロテサンを摂取するときの健康水

癌の原因は、腸内環境の乱れと、細胞のミネラル不足によるもので、カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムは、天然の種子からつくられています。

その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスかあります。

その原材料をイオン化して、細胞吸収できるようにし、カルシウムとマグネシウムの同局した理想的なミネラルバランスの整った水溶性イオン化カルシウムです。

毎日、必要なミネラルが摂れやすく、水溶性で使いやすく、イオン化しているので消化吸収率が非常に優れています。

毎日の料理にカルマックスを使用しますと、カルシュウムやミネラルが簡単に補えます。

KYOTO健康村TOP

抗がん剤治療前に医者がプロテサンを薦めるのは

プロテサン飲用時に水素水を作って飲んでみまんか

癌細胞を撃退する水素水の作り方

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品