KYOTO 健康村 | 健康食品販売

乳がんの原因のになる乳製品

2020/05/01 記事

日本で乳がんの患者さんが増加しているのは、乳製品が原因の一つではないかと考えられています。

牛乳は、妊娠中の牛から搾乳されたもので、乳牛や飼育牛には、女性ホルモンのエストロゲンが使用されています。

アメリカ輸入肉のホルモン残留濃度は、日本の和牛に比べ赤身で600倍、脂肪で140倍で、日本で使用が禁止されているホルモン剤が使用された乳製品や肉が輸入されています。

妊娠中は、女性ホルモンが多量分泌されることから、そして乳と血は同源であることから、牛乳は女性ホルモン入り白い血液とも言われています。

これらのホルモン、クスリが牛乳に流れ込んで、将来、女性の乳ガン、子宮ガン、男性なら睾丸ガン、前立腺ガン等のリスクを高めることになり、男性の場合は、精子量の低下、男性の女性化の一因とも言われています。

遺伝子組み換えによって作られた「通称BGHホルモン」

ヨーロッパでは、このホルモンには発がん性があると言われています。

このホルモンは、牛乳の生産量を著しく増加させる(通常の10%~40%)ためのものです。

アメリカでは、1993年に承認され、あっと言う間にアメリカの多くの乳牛に投与されることになりました。

そのようにして量産された乳製品は、バター、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなど様々な形をとって私達の口から入って来ていることになります。

ホルモン投与により、牛の乳腺炎をはじめとする乳房の感染が増加し、感染を防ぐためにさらに抗生物質が多用されています。

その結果ミルクへの抗生物質残留が増し、それを飲んだ人間にも蓄積され当然悪影響があります。

このようなホルモン投与は乳牛だけではありません。

ほとんどの牛に投与されています。

オーストラリアでは5種類、カナダでは3種類、日本では4種類が認可されています。

EUでは一切認められていないものです。

イタリアやプエルトリコ、フランスではホルモンの残留する牛肉を食べた幼児や男児に乳房が大きくなったり、体毛が生えたり、初潮の始まりが報告されています。

アメリカでも、初潮の始まる時期が非常に早くなってきており、ホルモンの影響ではないかと囁かれていますが、いまだ調査はされずにいます・・・

飼育用ホルモンの作用

  • 性質が温和になり集団飼育が容易になる
  • 成長が早まり飼料の節約できる
  • 肉質が柔らかくなる
  • 肉の量が増加する

乳がんの人の朝食は、ほとんどがパン食がメインです。

乳癌や子宮癌のほとんどの方が、パンを食べてる傾向が最大の共通点であると言われております。

前立腺がん患者の多くは、アメリカ産生乳を原料にしている大手メーカーの加工乳・低脂肪乳、パン、牛乳、を食しています。

パンの膨張促進剤の臭素酸カリウムは、毒ということが知られていますが、パン焼き時の高温で分解するという理由で使われ続けています。

 

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品