KYOTO 健康村 | 健康食品販売

根治治療で治す高血圧症

2021/01/28 記事

高血圧症の治療は、血圧の数値を抑える対象治療で治癒させることはできません。高血圧の数値が正常になっても、これは高血圧症が治った分けではありません。

何故なら、もし薬を中断したら、血圧が再び上昇するからです。

現在の治療法は、高血圧も高脂血症も肝臓病であっても、全て対症療法です。

症療法のお陰で、苦痛から逃れ、病気の悪化を免れています。

ただ病気になった場合、是が非でも治さなくてはなりません。

それには根治療法がどうしても必須になり、根治療法は病気を治すことを目的にしています。

いわゆる病気の根を根こそぎ抜くことが必要です。

では、そもそも根治とは何をどうすることなのでしょうか?

それは風邪引きが治る時のことを想像してみて下さい。

風邪引きのとき風邪薬を服用する方が多いと思いますが、風邪薬は風邪の諸症状を改善する薬であって、風邪そのものを撃退する薬ではありません。

つまり、対症療法の薬なのです。

では何故風邪は治るのでしょうか?

それは風邪引きのお薬を飲んで、風邪の諸症状が改善するうちに、風邪を撃退する力が自分自身に付いてきて、風邪は治るのです。

すなわち病気を治そうとする力、病気を防ごうとする力の回復こそが、根治療法なのです。

日本人は塩分を便り過ぎる、と言われています。とくに、食事どきのしょう油の便い過ぎや塩分の多い干物、漬物をよく食べる習慣のある東北地方では 、高血庄や脳卒中の死亡卒が高いといわれています。

ところが青森県では、このような事実がないのです。何故をのでしょうか。それは、リンゴをよく食べているからた、と言うのです。

りンゴに含まれているカリウムが、体内の余分をナトリウムを体の外に出してくれるからと考えられるからです。

カリウムには 、体の中のナトりウムの量を調節する働きがありますから、血庄を上げる塩分をうまくコントロールして取り除いてくれるのです。

ほとんどの人がカリュウム欠乏症であるのは、加工食品や添加物などの多い食品をいるからで、体内の解毒のために、ミネラルやビタミンを消費していまいます。

そこで必要のが炭酸塩たっぷりとあるステビアが必要です。

ステビアを飲んで、高血圧も正常になり、飛蚊症も治った体験談

若いときから丈夫なほうではをかったので、体には十分気をつけていたんですが、年をとるにつれ、体のあちこちが悪くなってくるのを自覚するようになりました。

ある日の朝、目を覚ましてしばらくすると、目の前に黒い虫が飛んでいるように見え、お医者さんに診てもらったところ飛蚊症だと言われました。

それ以釆、悪い虫が目の前を飛ぶわずらわしさに悩まされるようになたのです。

また私は2年ほどまえから、ときどき、頭の芯が痛くなりフラつくことが多くなりましだ。

やがて胸がムカつくようになり、家族のずすめもあって病院で検査してもらった結果、血圧が最大で190ミリ、最小が105ミりもあり、生命の危険をともなう高血圧症と診断されました。

危険だと言われたことでたいへんなショックを受けました。

それからは、病院からもらう降圧剤を飲むことになったのですが、どうも体質に会わないのか、降圧剤を飲むと簿がム力,ムカして気分が悪くをるのです。

それで、あまり体の調子が良くないときは、飲むのを控えていました。

ある日、雑誌を見ていると、ステビアエキスの記事が目に止まりました。

体験談でしたが、なんでもステビアエキスを飲んでいたら高血圧症が治った、という内容のものでした。

副作用のない植物を液状にしたもの、と言うことでしたの,で、さっそく買い求めました。

年日朝、起きてすぐにステビアのヱキス10ミリリットルをコップ一杯分になるように水でうすめて飲むことにしました。

甘さも気になるほどではなく、たいへん飲みやすかったことも良い結果になることにつながったと思います。

ステビアエキスを飲み始めて5カ円ほどして、担当のお医者さんから検診をしてみましょうと言われました。

検査の結果を見て、お医考さんが不思議そうな顔をしているのです。

あれほど高くてなかなかドがらなかった血圧が、最大138ミリ、最小67ミりまで下がってほぽ正常値の範囲に近ついていたのです。

たしかにステビアのヱキスを毎日、飲むようになって以前より格段に体が丈夫になったように感じました。

風邪もひかなくなったし、たくさん歩いてもそれほど疲れを感じないのです。

飛蚊症のほうですが、ステビアのエキスを飲んで1ケ月たったころには治っていたのです。

黒い上のような点々が、たえず目の前をチラチラするのは不快でたまりませんでしたが、いつの間にか治っていたので気分的にも晴れやかになったことを思い出します。

そのことと、高かった血圧をドげることがつながっていたのかもしれません。

いまでは、・朝とタ方にコップ一杯ずつのステビアのエキスを飲んでいます。

私の健康を保つのにもう手離せなくなりました。

人間は年を取るにつれ、血管が細くなってきますから、血液の流れがスムーズにいかなくなります。

しかし、血行が良くなってくると、血圧降下剤ではなかなか下がりにくい最小皿圧が下がったり、血圧が上がることもなくなり、安定してきます。

また、飛蚊症は硝子体中に浮適する血管凝固体、硝子体線維の変質硬化、グリア組織などが網膜に影をつくるために起こる現象で、年齢に関係なく生理的に見られることです。

そこで、はの老化を抑えるには、血行を良くして血液をたくわえる肝臓と、生命ヱネルギーをコントロールする腎臓を十分に働かせるようにしなければなりません。

ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。

たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。

ビタミンB1は口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。

カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。

また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。

これらの成分を補給することにより、バランスの崩れた血液を正常に戻します。

スバ抜けた抗酸力・・・・高血圧、動脈硬が原因となって起こる脳卒中や心筋梗塞などの血流障害、肝機能障害、糖尿病、アトピー症などから体を守ります。

食物汚染や環境ホルモンに対する解毒力・・・胃かいようや、アレルギー症の元凶であるヒスタミンを分解し解毒します。

抗菌、抗ウイルス作用・・・・ウイルス感染抑制作用や殺菌作用で体を守る働きがあります。

免疫カと抵抗力をアップ・・・・生体の器官や組織細胞を傷つけて、生活習慣病やガンなどの原因となる活性酸素に致命的をダメージを与えます。

しかも、白血球やりンパ球などの免疫細胞が活性酸素から攻撃されるのを守り,体の免疫力を増進させます。

その他に老化を抑えたり、薬の副作用から体を守ってくれます。

ステビアエキスは、人間の細胞一つ一つがブドウ糖を取り込みエネルギーに変えるサイクルを応援しては早めてくれます。

ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。

ステビアヘルシーポケット 300 mL

お召し上がり方

1日1~2回 1回約10ml程度をそのまま飲むか、水や牛乳、ジュースにうすめてお飲みください。 長期保存は可能ですが、開詮後は冷蔵庫で保管してください。
※100ml中にカリウム成分2200mgが含まれていますので、人工透析を受けている方は飲用を避けて下さい。

栄養成分

(100g当り)
エネルギー 61kcal、タンパク質 2.5g  脂質 0.1g、炭水化物 12.7g  ナトリウム 25mg、カリウム 1900mg  カルシウム 224mg、鉄4.8mg  マグネシウム 197mg、ショ糖 0mg  乳酸 2.3g

メーカー(製造): 株式会社武田薬化研究所

ステビアヘルシーポケット300 

 価格  8.600円【税別】   数量:

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品