KYOTO 健康村 | 健康食品販売

自律神経を整えるドイツ生まれのHealy

2020/08/01 記事

新型コロナウイルスに感染するかもしれないという不安は当然であり、その不安に対して対処することは当然です。

感染対策として、マスク着用、手洗い、うがい、アルコール消毒、外出自粛、ソーシャルディスタンスなどは当たり前のことです。

これら、出来うる対策をしているにも関わらず、過剰な不安を持っている方が多々います。

不安から脱却することも、感染予防の一つではないかと考えます。

理由は、自律神経です。

新型コロナストレスに暴露されると、防衛的に交感神経が優位になり、そうなると、通常、副交感神経は抑制されます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が増えます。

逆に、副交感神経が抑制されると、このリンパ球が減少して、ウイルスへの抵抗力を下げてしまいます。

必要以上に不安になることで、かえって免疫力を下げてしまい、感染しやすい体を作ってしまいます。

免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。

自律神経は、交感神経と副交感神経があります。

交感神経はおもに日中、活動している時に優位になります。

全身の活動力を高める神経で、血圧や血糖を上げたり、血液を筋肉や脳に集める働きがあります。

副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働きます。

身体を回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。

「ストレスは悪い」というイメージがありますが、全くストレスがない状態よりも、多少はある方が生活にメリハリがつき、仕事や勉強も進めやすくなります。

しかし、長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。

そうなると、免疫機能が正常に働きません。

では、どのようなことを心がければ、自律神経のバランスを整える=免疫機能を正常に保つことができるのでしょうか?

自律神経の働きは、心理状態に大きく影響されます。

ですからストレスに対処することが最も大切なポイントといえるでしょう。

そしてもちろん、生活習慣を見直すことも必要です。

自律神経は、全身の血管や内臓などの働きを、無意識のうちに調整している神経で、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、両者はバランスをとりながら働いています。

ストレスなどがかかると交感神経が優位になり、リラックスすると副交感神経が優位になります。

いずれの側にも傾きすぎず、ちょうどいいバランスにあることが正常な状態です。

「交感神経」は、主に昼間などの活動時、緊張、興奮しているときに働く神経で、アドレナリンという物質を分泌して、白血球のうちの「顆粒球」の数と働きを調整しています。

「顆粒球」は、白血球の54~60%を占め、心身に過度なストレスがかかり、交感神経が優位な状態になると増加します。

一方、「副交感神経」は、主に夜間などの休息時、リラックスしているときに働く神経で、アセチルコリンという物質を分泌して、白血球のうちの「リンパ球」の数と働きを調整しています。

「リンパ球」は、白血球の35~41%を占め、心身がリラックスした、副交感神経が優位になると増加します。

全身の血行は、自律神経に支配されていますが、特に問題となるのが、交感神経が優位な状態が続くことです。

その結果、血管が過度に収縮して血行が悪くなり、心臓病や高血圧の発症が促されます。

同時に新陳代謝も低下し、体に必要なものが行き届かないうえ、体に不要な老廃物や毒素が排泄されず、病気を招いてしまいます。

反対に、副交感神経が優位になって、血管が過度に拡張し、血行が悪くなる場合もあります。

交感神経が優位になり、顆粒球が過剰に増えると、活性酸素も増加します。

顆粒球は、体内で主に外から侵入した細菌と闘いますが、役割を終えると臓器や血管などの粘膜上で、活性酸素を放出しながら死んで行きます。

体内には活性酸素を無毒化する仕組みもありますが、顆粒球が過剰になるとその働きが追いつかず、広範囲で組織破壊を引き起こして病気を招くことになるのです。

交感神経が優位になり、血行が悪くなると、体温も下がってきます。

逆に、副交感神経が優位になり、血行が促進されると、体温が上がります。

食事により、消化管の活動が盛んになると、副交感神経が活性化され、体温が上がってきます。

自律神経は無意識のうちに働きますが、呼吸によってコントロールが出来ます。

息を吸うときは交感神経が優位になり、吐くときは副交感神経が優位になります。

また、交感神経が優位のときは速くて浅い呼吸になり、副交感神経が優位のときはゆったりした呼吸になります。

ですから、ゆっくりと吐く息の長い呼吸をすることで、ストレスなどの緊張をほぐして行くことが出来ます。

また、白血球のうちのリンパ球の比率を増加させることも出来、がんなどの病気に対する免疫力を高めることも出来るのです。

コロナに負けないドイツ生まれの新しい健康法

ドイツ生まれの健康法は、体に蓄積している化学物質やストレスを抜き、自律神経のバランスを整えて、免疫機能を正常に保つことで、健康が取り戻せます。

脳には、体の機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波の影響によって、脳からの周波数が弱くなったり、流れが悪くなることで、カラダに支障が現れてくるようになります。

Healyは、スマートホンからプログラムをダウンロードし、それを体内に取り込むだけです。

料理や仕事中、テレビを見ながらでも健康づくりができます。

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムで、カラダを調整ホローしてくれます。

プログラムを体内に取り込むことで、体に蓄積している不要物の排出ができたり、ストレスが抜けたり、血液がサラサラになったり、疲労が即解消できたり、体全体の細胞が活性化することで、癌や生活習慣病の予防ができます。

人間の体には、病気を治してくれる自然治癒力がありますが、加齢やストレス、食生活などの影響を受けて下降して行きますが、Healyは小さな電子機器ですから、加齢やストレスなどの影響を受けることはなく、個別に設定した周波数を使用して、身体の特定の位置に刺激を与えます。

Healyは、人間の治癒力を手助けする医療機器です。

この小さな万能デバイスには周波数プログラムが組み込まれ、エネルギーバランス、バイタリティ、全体的なウェルビーイングを向上してくれ、選択した周波数プログラムを定期的に使用することで、細胞膜の張力を自然なレベルに回復してくれます。

体験者の声
Healyを使うようになってから、肌荒れが解消できた。
Healyを使うようになってから、風邪をひかなくなった。
Healyを使うようになってから、血糖値が下がった
Healyを使うようになってから、血圧が正常になった
Healyを使うようになってから、苦手な科目の学習がらくになった。
Healyを使うようになってから、夜のトイレの悩みがなくなった
Healyを使うようになってから、体調が悪い時に、直ぐに回復できるようになった。
Healyをを使うようになってから、体がよく休まり、活力が満ちてきた。
Healyを使うようになってから、集中してバランスを保つことができるようになった。
Healyを使うようになってから、マッサージに行く必要がなくなりました。

ドイツ生まれのHealy

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品