KYOTO 健康村 | 健康食品販売

乳酸菌で自閉症が改善

2019/07/15 記事

最近、脳機能障害である自閉症の方が増える傾向にあります。

自閉症は「 対人関係の障害」「 コミュニケーションの障害」「 パターン化した興味や活動」の3の特徴をもつ障害で、

たとえば、人と目を合わせない、顔の表情、体の身振りがなく情緒的な関わりができない、

意味のない言葉が多く

一つのことに執看して同じことばかりやる、というような行動などが特徴です。

すなわち、社会性の維持に基本的な困難がみらる病です。

腸と脳は密接な「腸脳相関」の関係になっています。

腸の状態で脳は変わり、脳の状態で腸が変わる、という考え方です。

腸内環境が良くなれは、体調も気分も良くなります。

逆に、心配ごとが在ると、腸の状態が悪くなることが多くあります。

これが「腸脳相関」です。

自閉症の方は、便秘をしている方が多いのが特徴です。

自閉症だから便秘になるのか、便秘だから自閉症になるのか、その関連は明らかではありませんが、

便秘を改善することで、自閉症が改善されることか、臨床実験で明らかにされています。

小児脳神経外科の世界的権威である大井博士が世界で初めて

自閉症の患者さんがフロテサンを摂取するとどのように変化するか」という臨床研究をされ、

その結果、自閉症の3つの症状が改善されたことを報告されています。

プロテサンによる腸内環境の改善が自閉症の症状かいぜんにつながることが大です

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品