KYOTO 健康村 | 健康食品販売

水虫は、薬に頼らんでも簡単に治ります

2018/12/01 記事

水虫を患っている人の数はおよそ1千万人と推定され、原因のはっきりしている皮膚病としては、まさに国民病といってもよいほどの状況にあります。

日本人の5人に1人が水虫患者と言われ、近年では若い女性患者が急激に増加する傾向にあります。

水虫は、カビの一種の白癬菌が原因と言われ、水虫の薬を使っても、治すことができない方が多いのでないでしょうか。

何を試しても治せなかった水虫が、 老化予防にモリンガを飲み始めた処、2ヶ月あまりで水虫がすっかり治り、きれいな足になりました。

足の爪の中に白癬菌が入り込んでおこり、何をしてもなおりませんでした。

爪が黄白色に濁り、分厚くなり、もろくなっていましたが、新しい爪に生まれ変わり始めているようです。

モリンガには、抗菌作用や抗ウイルス作用があり、様々な感染症(呼吸器感染症、尿路感染症、風邪、ヘルペス、エイズ、寄生虫、など)にも有効と言われていて、解毒作用があるので、毒蛇やサソリによる咬傷の治療にも使用されています。

この体験を通して、水虫は、肝臓か関わっているいる事が確認できました。

水虫が治しきれなかったのは、肝臓が弱ってしまい、菌に対する抵抗力が落ちてしまっていたからです。

肝臓が健全であれば白癬菌を殺せます。

子供さんに水虫がないのは、子供さんの肝臓が健全で免疫力が高いから、菌が付着しても水虫にならないのです。

肝臓は、年齢と共に働きが低下し、白癬菌も殺せなくない状態になっているのです。

水虫の薬で白癬菌を殺しても・・・肝臓の働きが良くなる訳ではなく、だから、再発を繰り返すだけです。

爪水虫を治そうと長期に渡って抗生物質を飲んだりすると、かえって肝臓を悪くし、再発し易くなったりします。

私たちの生命を維持するために重要な役割を果たしている肝臓。「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

肝臓は臓器としては強靭なのですが、逆に気付かぬ内にダメージを抱え、それが蓄積されてしまって気付いた時にはもう遅いという性質も抱えています。

日々の生活の中で、知らず知らずのうちに悪影響を与えている可能性が潜んでいるのです。

あなたの肝臓は大丈夫でしょうか?

モリンガで肝臓の疲労回復をしてみませんか、水虫だけてなく、疲れが溜まらなくなり元気になれます。

 

奇跡呼ぶモリンガ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品