KYOTO 健康村 | 健康食品販売

動脈硬化を予防するプロテサン

2018/03/30 記事

動脈硬化は、年齢が高くなるにつれ、内膜の中にたまったコレステロールを中心とした脂肪沈着は、やがて「脂肪斑」と呼ばれる状態になります。

20~30歳ごろから始まり、この「脂肪斑」などが大きくなり、血管の内側に向かって盛り上がり、50~60歳になると血管自体は狭くなってしまいます。

その結果、スムーズな流れていた血流と内膜の間に無理(ストレス)が生じ、内膜を覆っている細胞(内皮細胞)が壊れ、血の塊(血栓)ができます。塊が血管に詰ると、急性心筋梗塞などの症状が現れるようになります。

症状が自覚できるようになった時は、すでに20~30年に及ぶ沈黙の「動脈硬化の進行」があったと考えなくてはなりません。硬化は無症状のまま進行します。

心臓・血管に悪い影響を与える高血圧や糖尿病や感染などが刺激になって内皮細胞が傷害されると、血中の単球(白血球)が内皮細胞にくっつくようになります。さらにこの単球は内皮細胞の間から潜り込み、「マクロファージ」と呼ばれる状態に変身します。

血液中のコレステロールが多すぎると、この「マクロファージ」が“呼び寄せ役になって、脂肪物質がどんどん取り込まれてたまり、内膜が厚くなってきます。

動脈硬化は、血管(動脈)が加齢によって固くなり、弾力性が失われたり、血管の壁にコレステロールなどの脂質が付着して、血液が通るスペースが狭くなったりすることで、血液がスムーズに流れにくくなる病気です。

誰もがかかる疾患ですが、タバコを吸っている人は禁煙を、脂っこい料理よりはあっさりした料理を食べ、適度に運動し、十分睡眠をとるなど、日常の生活習慣を改善することで進行を抑制することはできます。

動脈硬化を予防改善するには、腸内環境を整える事が基本になります。

プロテサンの主成分である「FK-23菌」は、生活習慣病の改善に、善玉コレステロールを増やしして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをしてくれます。

プロテサンの主成分である「FK-23菌」効果は、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサンの主成分である「FK-23菌」は、主治医の方が処方してくださる薬剤の効果・効能を損なわない乳酸菌サプリメントです。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品