KYOTO 健康村 | 健康食品販売

薄毛を食い止める腸内細菌

2020/08/11 記事

「髪が薄くなった」『白髪が増えた」「物忘れが多い」「肌のシミやシワが増えた」「視力が落ちた」など、歳をとると体の衰えを感じてきます。

こうしたことが、錆びつきのサインです。

ハゲている人は年よりも老けて見られることが多いと思いますが、ご当人は、「人は見た目じゃないさ」と心の内でご自身を慰めていることが少なからずあるのではないでしょうか。

人は年をとることを避けられません。しかし、40歳を過ぎると、見た出に大きな差が表れるようになります,

働き盛りともいえる40代は、人の老化の進み具合に差が現れ、同年齢であっても、10歳も若々しく見える人がいれば、10年も老いて見える人もいます。

外見の老化と人間性は無関係と答えたいところですが、人の内面は外見と関係することが科学的に明らになっています。

薄毛も40代に入ったころから多くの人の悩み事の一つに加わっていきます。

老ftのスピードは人によって異なり、外見の老化の具合は内面からにじみ出ているものなのです。

すなわち、ハゲ、シワ、シミ、たるみ、肥満など、人を老けて見せる症状が外見に表れているということほ、内面の老化は加速度的に進んでいると予測できます。

内面の状態をよりよく整えていくことで、外見の老化のスピードをゆるやかにすることができます。

さらに正しい健康管理にとり組めば、毛髪力をよみがえらせることもできます。

そのために、味方につけていきたいのが腸内細菌で、私たちの腸には、3万種、1000兆個もの細菌たちがすんでいます。

体を老化させ、薄毛を進行させるのが「活性酸素」です。

腸にいる細菌と頭髪は、どんな関係があるのだろうかと不思議に思われたでしょうが、最近の研究によって、腸内細菌には活性酸素を消す強力な抗酸化力を待っているからです。

腸内細菌は種類も個体数も多いときに働きを活性化させ、抗酸化力を高めます。

腸内細菌を活性化させれば、髪の大敵「活性酸素」を消去できるのです。

FK-23菌

乳酸菌を取り入れることで、薄毛だけでなく、あらゆる万病を遠退けてくれます。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品