KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗がん剤では治せない癌

2022/01/14 記事

がんになったら、がんはすぐには悪化しません。大事なのは、どのような治療を行うのが一番適切かを判断できる「自分」を持つことです。

現在、がん治療の主流は、手術と抗がん剤、放射線治煉で、がんがまだ小さく、ほかへの移転が見られない初期のガン治療率が高いのは、手術によって完全に切除するからです。

手術でがん細胞を切除しきれない場合には、抗がん剤や放射線治療が行われます。

抗がん刑も放射線も、がん細胞の増殖抑制し、縮小させる効果があります。

しかし同時に、副作用もあります。

なかでも抗がん剤の副作用が大きく、かえって寿命を縮める場合があります。

がんはがん細胞が暴走しで分裂が止まらなくなる病気で、抗がん剤にはいろいろなタイフがあり、代表的なのは細胞分裂を止めてしまう薬です。

細胞分裂が止められると、がん細胞はそれ以上増えることができなくなり、分裂が阻害され、やがては消えて行きます。

がん細胞は分裂が速いので、抗がん剤では細胞が増えるのを止めるうえでは効果的ですが、がん細胞と正常細胞の区別ができません。

その為に、体内すべての細胞の分裂をも阻害し、体に大きなダメージを与え、免疫力低下し、感染肝にかかりやすくなるというデメリヅトがあります。

最初に使った抗がん剤が効果が見られないと、別の抗がん剤が使用されます。

その結果、何種類もの抗がん剤を体内に入れ、健康な細胞までも壊してしまい、体はどんどん衰弱していきます。

このような状態では、自己免疫力も弱くなり、病気を治すどころでなくなってしまいます。

多量の化学薬品を使い、かえって全身状態が悪くなり、がん以外のにもさまざまな障害が起きてきます。

必要であれば手術を受けたうえで静かに休養し、副作用のない治療の方が長生きができます。

抗がん剤や放射線治療の副作用で苦しみ、日常生活を送るのがつらくなったらつらいのは自分です。

吐き気や味覚の変化、からだのあちこちが痛いなどの苦痛あれば気分も塞ぎます。

気力で何とかしようとしても、どうすることもできません。

自由に動けて、美味しく食べられて、元気に生きることかなによりの幸せです。

がんの死亡者数が年々減少している米国では、抗がん剤はがんを治す上で無意味であることが公表されています。

アメリカ国立がん研究所のNCIでは、88年に数千ページにも及ぶ「がんの病因学」という報告書で「抗がん剤は増がん剤である」と言って世界を驚かせています。

抗がん剤を3種類使うとがんは小さくなるが、寿命は7~10倍短くなるという報告もあります。

「がんが進行しているけど、最善を尽くす」という医師の言動が、外科手術でも抗がん剤治療でも最悪の結果を生むことは多いようです。

がんをやっつけることに集中しすぎて、患者様がどうなるかにまで思いが及んでいない場合が往々にしてあるからです。

無駄に手術に挑み、少なくとも1~2年は生きられる患者様を数ヶ月も生きられない状態にするというケースが少なからず存在します。

また、抗がん剤においても、完治の見込みがまったくないのに、3種類もの抗がん剤を投与し続け、寿命を縮めてしまうというのは良くある話です。

今すぐに治療を諦める必要はないのですが、無理な治療を無理やり続けるのは返ってよくないことがあります。

がんの手術で生存期間が延びたことを立証したデーターは一つも存在しません。

実際、日本でも死亡原因の1  位はがんで、約30%の人ががんで亡くなっています。

約50%の人ががんになる時代なので、がんを患った方の約60%が亡くなるという計算になります。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

食事療法で中性脂肪やコレステロールを減らすことはできますが、血管についたものをとることが薬や手術ではできません。

プロテサンは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

プロテサンは、特殊加工熱処理された死菌ですから、安全性が高い乳酸菌になっています。

プロテサンは、動脈硬化を予防・改善するだけでなく、腸内細菌叢を改善し、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサンのFK-23菌は善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす作用を持っていますので、眼球の動脈硬化を抑制すると共に白内障の進行を抑える作用があります。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復してくれます。他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

プロテサンのFK-23菌は、北海道大学岡山大学、帝京大学医学部などが行った研究で、優れた働きが確認されています。

がん縮小作用

女性のがん患者数の第1位である乳がんは、早期の段階では自覚症状に乏しく、病期の進た行とともに乳房にしこりや湿疹ができやすくなります。

乳がんは脳や肺などに転移しやすく、40~50代の比較的若い世代に発症しやすいのが特徴です。

乳がんは治療が遅れて症状が進むと、手術によつて女性の象徴ともいえる乳房を切際する場合もあり、精神面にも大きな影響を及ぼします。

濃縮FK-23酸菌は、乳がんに対しても治療効果の向上が期待できます。

マウスに乳がん細胞を植付けて行った動物実験では、普通のエサのみを与えたマウスに比べて、FK-23菌を投与したマウスの乳がんは顕著に縮小したことが確認されています。

動物実験の結果を証明するように、濃縮乳酸菌を飲むことで乳がんや乳がん以外のがんも改善それます。

抗がん剤の副作用軽減作用

多くのがんに対する有効性が確認されているシスプラチンは、抗がん剤治療の中心的な役割を果たしています。

抗がん剤はがんを縮小させる働きがある一万で、食欲不振や倦怠感、吐き気、脱毛などの副作用を招きます。

特にシスプラチンは、腎機能障害の原因になりやすいことが確認されています。

抗がん剤治療は一定のがん縮小作用が期待できる一方、副作用を招いて生活の質を著しく低下させてしまうおそれもあるのです。

濃縮乳酸菌には抗がん剤の副作用を軽減させる働きが期待でます。

例えば、マウスにシスプラチンを投与してから濃縮乳酸菌FK-23菌を与えた実験では、重篤な制作用である腎機能障害を抑えることができました。

乳酸菌の摂取が健康維持に役立つことは、常識になりつつあります。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

プロテサンr45包

プロテサンg45包
プロテサンB45包
含有乳酸菌数
1包中3千億個
税込価格  4.860円
数量:
プロテサンR45包
含有乳酸菌数
1包中1兆個
税込価格 11.385円
数量:
プロテサンG
乳酸菌含有数
1包中2兆個
税込価格  19.800円
数量:
プロテサンs45包 プロテサンb100包 プロテサンr100包 
プロテサンS45包
乳酸菌含有数
1包中4兆個
税込価格  37.125円
数量:  
プロテサンB100包
乳酸菌含有量
1包中3千億個
税込価格  11.000円
数量:
プロテサンR100包
乳酸菌含有数
1包中1兆個
税込価格 25.300円
数量:
プロテサンg100包 プテサンs100包

花粉症サプリ

プロテサンG100包
乳酸菌含有量
1包中2兆個
税込価格  44.000円
数量:
プロテサンS100包
乳乳酸菌含有量
1包中4兆個
税込価格 82.500円
数量:
チサフェルナ
LFK乳酸菌含有量
1包2兆個
税込価格  9.900円
数量:

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品