KYOTO 健康村 | 健康食品販売

末期癌を代替え療法で克服

2020/11/27 記事

東京の漢方薬舗の先生、自身がガンを克服された体験談

平成8年、ガンが発見された時は、末期ガンでステージⅥ、余命6ヶ月と診断され、最初はS結腸内側にガンが発見され、その大きさは8センチもあり、腸閉塞寸前でした。

それが腸膜が破裂して肺と肝臓に転移し、大腸は手術できたのですが、肺や肝臓は手術できる状態ではなかったそうです。

抗ガン剤を投与すると言われましたが、私は自分の処方した漢方薬を使いたいと申し出たところ、医師もそれを認めてくれ、栄養剤の点滴だけを病院から受けました。

手術では、ガンの患部は取り除けますが、正常細胞まで痛めつけるので、抗ガン剤や放射線治療は受けるつもりはなかったそうです。

現在医学の限界を知っておられ、東洋医学を組み含せるの必要性を感じ、ガン治療の可能性を、自ら見出そうとされました。

ガンを治すには、3つのポイント

ガン細胞と闘う「免疫細胞」の活性化

循環器系の環境を整える「血液の浄化 」

ガンが増値するのを抑える「新生血管の阻重」です。

これらを考慮して、それぞれの自然薬を組み含めせることを考え、生活習慣を根本的に変え、食事を自分から作るようにされたそうです。

手術1年後に腫瘍マーカーの数値が下がり、肺の影も小さくなり、3年目には肝機能が正常範囲になつたという。

見事なガンからの生還です。

その先生は、現在、ガン患者やアトピーに悩む人などの相談にのって居られます。。

一般病院で手術はできなく3力月の命と言ねれた43 歳の男性

膵臓ガンから肝臓ガンに転移。腫瘍マーカー(CA19~9)は57000(正常値は37 )

血液浄化作用のあるものと免疫活性作用のあるFK-23菌を飲んでもらうと1年後には576に低下し、ガンも縮小し、その半年後には27 にまで低下できたそうです。

ガン細胞は、全て消滅してはいませんが、職場復帰されたそうです。

肺ガンで手術後、抗ガン剤治療を受けた56 歳の男性。

副作用軽減のためFK-23菌を血液浄化作用、免疫活性作用のものとを服用。

当初、腫瘍マーカー(SCC)は210(常値は2)

7ヶ月後には腫瘍マーカー15に低下。

さらに5ヶ月後には1・08 の正常値になった。

特に注目しているのが,体の免疫細胞に働きかける作用のあるFK-23菌だと言うことです。

その有用性は、白血球の機能を冗進させる免疫賦清作用、ガンを退縮させる抗腫瘍作用、抗ガン剤
の副作用を軽減させる作用などで、他の自然薬との組み含めせで患者さんに勧めておられます。

FK-23 菌の摂取で1週間から10日で便の臭いがなくなります。

それで腸内環境がよくなったことを実感できます。

人間のすべての臓器は腸から進歩したものです。

それだけに腸は大切にしなければなりのせん。

生活習慣を規則正しくし、食生活は腸内環境に留意したものを。また半身浴などで体を温めることです。そして自分に合う代替医療をみつけることです。

プロテサンs45包

 

 

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品