KYOTO 健康村 | 健康食品販売

新型コロナ感染者の7割の方が後遺に悩まされる

2021/02/04 記事

東京都は4日、新型コロナウイルスの感染状況を分析、若年層を含む7割超の患者が嗅覚障害や脱毛などの症状を訴えてとの報告がありました。

調査は2020年2~6月、国立国際医療研究センター(新宿区)を退院した新型コロナ患者63人を対象に実施されました。

約76%の48人が、何らかの後遺症があると答えられています。

20~30代も18人中14人に上り、世代を問わず後遺症に苦しむ実態が報告されています。

後遺症は長期化する傾向がみられ、全体の半数が発症から2カ月後も何らかの症状が残っているとのことて゜す。

4カ月後も後遺症があると答えた人も3割もおられます。

200日近くたっても症状が治まらないケースもあるそうです。

症状ではせきやだるさ、呼吸困難などが上位を占め、脱毛の症状も24%の患者にみられたそうです。

20代では嗅覚障害や味覚障害に悩む患者がおられます。

分析した専門家は「後遺症の原因は明確になっておらず、現段階で確立された治療法はないそうです。

何よりも感染しないことが最大の予防策だ」と指摘されています。

感染体験者

新型コロナに感染し、都内の病院に1週間入院した。

同僚に感染者が出たこと嗅覚の異常を感じ、PCR検査を受けたところ、陽性と分かり入院、

退院後、生肉や生魚、野菜や調味料の臭いがしなくなり苦しんでいます。

ぺットの便の臭いが、目の前まで近付かないとわかりません。

臭いには、敏感でしたが精神的ショックから、食事が食べられなくなり、夜も眠れなくなって安定剤や睡眠薬を飲むようになりました。

Bさんの話

感染症に感染する前は、健康でしたが、感染から回復した後、ほぼ毎日のように熱があって、頭痛や耳鳴り、筋肉痛に悩まされています。

腕や手の感覚がなくなり、階段の上り下りで脈拍が上がり、遠くまで歩けなくなりました。

コロナの後遺症は、微熱か長期間に渡って続き、他に胸や胸の違和感、咳、所欲不振、悪寒、関節痛などの後遺症があります。

新型コロナウイルスが休眠から目を覚まし再活動をすることがあります。

後遺症が発生する原因に付いて、3つの可能性を指摘されています。

新型コロナウイルスが細胞内に侵入すると、体内の免疫反応が始動し、敵であるウイルスを分解しますが、その際、ウイルスの一部が生きたまま細胞内に取り残され、そのウイルスの一部が活動を活発化することで後遺症が出る可能性があります。

1つ目は、新型コロナノウイルスの死骸が体内を汚染

2つ目は新型コロナウイルスが休眠する可能性があります。

新型コロナウイルスの増殖スピードの増殖スピードが遅く、体内に侵入しても、一部が休眠状態を続けている可能性があります。

回復と診断された後に休眠していたウィルスが突如目覚め、活動することで症状が長く続くと考えられます。

3つ目は、ウィルスではなく、体内の免疫反芯が後遺症を招く可能性があります。

ウイルスを攻撃するために過熱状態になった免疫反応が正常な細胞まで攻撃して、長期的な症状が発生している可能性があります。

感染して無症状の人でも、微熱か数ケ月も続くこともあります。

新型コロナウイルス感染対策に、免疫力と治癒力を高めましょう。

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

〝腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。

免疫を高めておけば感染した場合に、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。

免疫を高めておけば感染した場合に、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。

FK-23菌は、ウイルス感染防御の特許を取得商品で、 免疫を高める乳酸菌です。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

LFK乳菌は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって、ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させる特許を取得しています。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ


小売希望価格  9.000円+税

プロテサンのFK-23菌は、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、免疫力を高めるだけでなく傷ついた血管を修復したり、肝機能を高めたり、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化に働くなど、万病を遠のけてくれます。

プロテサンのFK-23菌は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。

プロテサンは、1包で乳酸菌6000億個・1兆個・2兆個・4兆個の4タイプがあり、どのタイプのプロテサンも同じFK-23菌です。

プロテサンr100包 

ステビア濃縮エキスは、活性酸素を排除し、自然治癒力と免疫力を高め、コロナ感染を制御してくれる。

ステビアは、南米バラグアイ原産のキク科の多年草で、人類の生命の依存に福音となる秘めたる効力の可能性がありま。

ステビアエキスは、有害な細菌は殺し、有用な細菌は増やす選択的殺菌作用があります。

東北大学の神尾好景教授らは、ステビア濃縮液が、病原性大腸菌O-157や腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌を殺菌するのに強力な効果を学会で報告されています。

ステビアは、がんの抑制作用や強い抗酸化力以外に、免疫力を高める作用、強い解毒・殺菌作用・ウイルスを抑制する作  用、糖尿病の改善作用などがあり、肝臓や心臓などが、元気に機能するようになります。

詳細は、生活習慣病が遠のくステビア

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品