KYOTO 健康村 | 健康食品販売

がんは予防できる病気

2022/07/18 記事

体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。

細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こることがあります。

このコピーミスが「がん」のはじまりで、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。

健康な人でも1日約5.000個のコピーミスが起こっているといわれています。

通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅しますますが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。

それらが異常な分裂・増殖をくり返し、10~20年かけて「がん」の状態になります。

がんは、全身のあらゆる場所に発生する可能性があります。胃や肺、肝臓などの内臓はもちろん、血液や骨、皮膚などにできるがんもあります。

がんは、あらゆる病気のなかでも最も死亡率の高い病気で、長年日本人の死因第1位を占めています。

また、がんが恐ろしいところは、初期にはほとんど自覚症状がなく、健診などで発見されることが多く、発見されたときにはすでに進行していたというケースも少なくありません。

最近のさまざまな研究から、「がんは予防できる病気」であることがわかってきました。

がんの危険因子の多くは生活習慣にあり、生活習慣の改善が、がんの予防につながるということです。

がんのなかにはごく一部、遺伝性のものもありますが、遺伝要因よりも生活習慣要因のほうの影響が大きいと考えられています。

生活習慣のなかでも、最大の危険因子とされているのが喫煙で、喫煙は肺がんだけではなく、食道がん、胃がん、大腸がん、子宮頸がんなど、多くのがんのリスクを高めます。

さらに受動喫煙といって、タバコから立ち上る煙は、タバコを吸わない人にも肺がんなどの健康被害をもたらします。

食生活では、塩分のとりすぎは胃がん、野菜・果物不足は消化器系のがんや肺がん、熱すぎる食べ物や飲み物は食道がんのリスクを高めるとされています。

近年、急増している大腸がんや乳がんなどは、食生活の欧米化が影響しているとされ、動物性食品への偏りも危険因子と考えられます。

また、多量の飲酒は食道がん、肝臓がん、大腸がん、乳がんなどのリスクを高めることがわかっています。

がんを予防するための生活習慣改善でまず重要なことは「禁煙」で、喫煙習慣のある人は、家族や周囲の人を巻き込まないためにも、直ちに禁煙を実行しましょう。

食生活では塩分を控え、野菜や果物を積極的にとるようにして、バランスのよい食事を心がけましょう。

お酒の飲みすぎはがんのリスクを高めるので、お酒を飲む人は適量を守るようにしましょう。

運動する人や、仕事や日常生活でよく身体を動かす人は、がんになるリスクが低いことがわかっています。

日常生活での活動量を増やすとともに、適度な運動を習慣として行いましょう。

ただし、激しすぎる運動はがんを誘発する活性酸素を増やすことがあるので、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がおすすめです。

がんは、糖尿病や高血圧などと同じ「生活習慣病」です。積極的に生活習慣を改善して、がん予防につとめましょう。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞や心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

プロテサンのFK-23菌は、北海道大学岡山大学、帝京大学医学部などが行った研究で、優れた働きが確認されています。

乳酸菌の有効成分は、菌表面の細胞壁と核酸部分にあるため、その有効成分の量が多いほど効果は高まり、乳酸菌の「数」が多ければ多いほど、免疫効果が高まるということです。

同じ容量で比較した場合、サイズの小さな乳酸菌の方がより多くとり入れることができるため、乳酸菌をたくさん摂取するには、菌体サイズの小さな乳酸菌が適しています。

サイズが小さく、球菌のカタチをした乳酸菌「FK-23フェカリス」が注目され、免疫力を高める効果が期待されています。

サイズが小さいことにより、小腸のすき間から大量にとり込まれて、腸内にある多くの免疫細胞を刺激します。

それによって活性化した免疫細胞が全身に移動し、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、侵入してきた敵と闘ってくれるのです。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

がん縮小作用

女性のがん患者数の第1位である乳がんは、早期の段階では自覚症状に乏しく、病期の進た行とともに乳房にしこりや湿疹ができやすくなります。

乳がんは脳や肺などに転移しやすく、40~50代の比較的若い世代に発症しやすいのが特徴です。

乳がんは治療が遅れて症状が進むと、手術によつて女性の象徴ともいえる乳房を切際する場合もあり、精神面にも大きな影響を及ぼします。

濃縮FK-23酸菌は、乳がんに対しても治療効果の向上が期待できます。

マウスに乳がん細胞を植付けて行った動物実験では、普通のエサのみを与えたマウスに比べて、FK-23菌を投与したマウスの乳がんは顕著に縮小したことが確認されています。

動物実験の結果を証明するように、濃縮乳酸菌を飲むことで乳がんや乳がん以外のがんも改善それます。

抗がん剤治療

多くのがんに対する有効性が確認されているシスプラチンは、抗がん剤治療の中心的な役割を果たしています。

抗がん剤はがんを縮小させる働きがある一万で、食欲不振や倦怠感、吐き気、脱毛などの副作用を招きます。

特にシスプラチンは、腎機能障害の原因になりやすいことが確認されています。

抗がん剤治療は一定のがん縮小作用が期待できる一方、副作用を招いて生活の質を著しく低下させてしまうおそれもあるのです。

濃縮乳酸菌には抗がん剤の副作用を軽減させる働きが期待でます。

例えば、マウスにシスプラチンを投与してから濃縮乳酸菌FK-23菌を与えた実験では、重篤な制作用である腎機能障害を抑えることができました。

さらに、さまざまな抗がん剤を投与したマウスにFK-23菌を与え観察したところ、腎臓や肝臓のの機能低下を防ぐことが確認されています。乳酸菌の摂取が健康維持に役立つことは、常識になりつつあります。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

プロテサンr45包

プロテサンg45包
プロテサンB45包
含有乳酸菌数
1包中3千億個
税込価格  4.860円
数量:
プロテサンR45包
含有乳酸菌数
1包中1兆個
税込価格 11.385円
数量:
プロテサンG
乳酸菌含有数
1包中2兆個
税込価格  19.800円
数量:
プロテサンs45包 プロテサンb100包 プロテサンr100包 
プロテサンS45包
乳酸菌含有数
1包中4兆個
税込価格  37.125円
数量:  
プロテサンB100包
乳酸菌含有量
1包中3千億個
税込価格  11.000円
数量:
プロテサンR100包
乳酸菌含有数
1包中1兆個
税込価格 25.300円
数量:
プロテサンg100包 プテサンs100包

花粉症サプリ

プロテサンG100包
乳酸菌含有量
1包中2兆個
税込価格  44.000円
数量:
プロテサンS100包
乳乳酸菌含有量
1包中4兆個
税込価格 82.500円
数量:
チサフェルナ
LFK乳酸菌含有量
1包2兆個
税込価格  9.900円
数量:

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品