KYOTO 健康村 | 健康食品販売

ウイルスによる肺の炎症を抑制するLFK乳酸菌

2020/12/16 記事

ウイルスによる肺の炎症を抑制して新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 をニチニチ製薬と北海道大学との共同研究で特許を取得しています。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

チサフェルナのエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品