KYOTO 健康村 | 健康食品販売

子供の新型コロナ感染予防対策

2020/10/02 記事

子どもの新型コロナウイルス感染症に関しては、感染者の報告が日本国内、国外において大人に比較して少ないため、まだ分かっていないことが多いです。

現在分かっている情報では、子どもは感染しても症状が出ない、あるいは症状が軽い事が多いと報告されています。

ただし、大人と比べると割合は低いですが、重症化することもあります。

子どもにおいて特別な感染予防はなく、大人と同様に、手洗い・手指消毒を行ってください。

密閉空間、密集場所、密接場面という3つの「密」が同時に重なるような場所は避けてください。

子どもは家庭内で感染していることが多いとの報告があるため、まずはご家族の感染予防が大事です。

家庭内に感染の疑いがある方がおられる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。

子供は、免疫力が弱いために病原菌やウイルスに感染しやすく、免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

新型コロナウイルスの症状は

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く。

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があります。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合は、お医者さんに相談してください。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品