KYOTO 健康村 | 健康食品販売

子供のコロナウイルス感染予防対策

2020/05/12 記事

新型コロナウイルスは、無症状または症状が軽い方が、本人が気付かないうちに感染を広めてしまう事例が多く見られます。

子供は、免疫力が弱いために病原菌やウイルスに感染しやすく、免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

新型コロナウイルスの症状は

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く。

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があります。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合は、お医者さんに相談してください。

新型コロナウイルスを予防するためには、自己免疫力を高めておくことで、FK-23菌やLFK乳酸菌は、弱った免疫を高めて感染を予防してくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得商品で、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌

新型コロナウイルス感染症に対して、現在、有効性が証明された治療法や予防(ワクチン)はなく、現時点における治療の基本は対症療法で、必要に応じて輸 液や酸素投与、昇圧剤等の全身管理が行われ、細菌性肺炎の合併が考えられる場合は、細菌学的検査の実施とともに抗菌薬の投与がされこともあります。

新型コロナウイルスに感染した場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。
FK-23菌

善玉菌を増やすためには「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」が王道だと思われがちだが、NHKスペシャルでは、外から取り入れた乳酸菌は定着することが出来ず、「数日で排出される」と驚きの結果が報道されました。

「生きた乳酸菌が腸まで届く」というフレーズがありますが、ヨーグルトなどに含まれる一般的な乳酸菌やビフィズス菌は「通過菌」と呼ばれ、定着して増殖することはありません。

たとえ生きて届いたとしても、自分のものではない善玉菌は数日で排出されてしまうのです。

いくら善玉菌であっても「カラダの外からやって来た菌」であれば勝手に住み着くことはできないのです。

特許取得実績乳酸菌素材FK-23

プロテサンR45包  含有量1包に1兆個 

ヨーグルト100㍑分相当

 

 

プロテサンr45包

特許取得実績乳酸菌素材LFK

チサフェルナLFK乳酸菌 含有量(1包)2兆個

ヨーグルト 200㍑分相当

 

花粉症サプリ

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品