KYOTO 健康村 | 健康食品販売

脂肪肝の進行を抑制するフエカリス菌FK-23菌

2020/05/10 記事

フエカリス菌FK-23菌の新たな効能がこのほど京都府立医科大学との3年にも及ぶ共同研究で明らかとなり、イギリスのが学術誌に論文が掲載された。

その効能は、最近急増中の脂肪肝の進行を抑制するというものです。

高脂肪・高カロリー食を摂ると、肝細胞中に脂肪の小さな粒(脂肪滴)が溜まってきます。

その脂肪滴が溜まった肝臓を脂肺肝と言い、脂肪滴が少量の場合は影響ありませんが、大量に溜まったり、ストレス、遺伝子の影響等で炎症が加わって慢性肝炎に移行します。

そうすると肝臓の細胞が破壊されたり肝臓の働きが衰え、その後、肝硬変から肝臓がんへの移行する危険性が高まります。

アルコールほ肝臓で解毒され、その時に出来るアセトアルデヒドや活性酸素が肝臓にダメージを与えて肝炎を起します。

日本でのアルコール性肝炎は予備軍を含むと300方人程度、アルコールが原因でない非アルコール脂肪性肝炎は、その予備軍も含て2000万人と想定されています。

その非アルコー性脂肪性肝炎の元になるのが脂肺肝で、高脂肪食の多量摂取、運動不足、肥満、メタボが原因です。

脂肪が肝臓に溜まけでなく、肝臓がんまで進行する危険性が高まります。

フェカリス菌FK-23菌が脂肪肝の進行を抑制する

フェカリス菌FK-23が脂肪肝の進行を抑制するという効能がイギリスの学術誌に掲載され、世界的に知られるようになりました。

フェカリス菌FK-23を摂取すれば脂肪肝にならないのです。

高脂肪食と一緒にフェカリス菌FK-23と同時に摂取した場合でも、脂肪肝は進行せず、非アルコール性脂肪性脂肪肝による肝臓がんの進行を抑制します。

それは、フェカリス菌FK-23が肝臓内の脂肪を分解する酵素を増やしてくれるからです。

肝臓内の脂肪は酸化を促し酵素を増加させ、脂肪の分解を促進してくれるのです。

フェカリス菌FK-23を摂取しますと、血糖値下げ体重の増加も抑えてくれます。

フェカリス菌FK-23はC型肝炎から肝臓がんへの移行を抑制する効果があることミャンマー大学病院で実証されています。

フェカリス菌FK-23は脂肪肝では脂肪を分解する酵素を増加させ、C型肝炎ウイルスの増加を抑制してくれます。

フェカリス菌FK-23を摂取しますとストレスが排除され、腸が奇麗になります。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品