KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌による国内死者は、コロナの300倍超

2020/10/09 記事

新型コロナ感染者は、10月9日時点で約8万7000人、死亡者は約1619人。

これに対して、昨年のがん患者は102万人。死亡者は38万人で新型コロナの約300倍以上になります。

男性の3人に2人、女性の2人の1人が生涯で何らかのがんにかかる時代になっています。

コロナによって、在宅勤務の増加による生活習慣の悪化、がんの早期発見の遅れ、がん治療への影響が心配されています。

在宅勤務による喫煙とアルコールの摂取が増えがちですが、座り過ぎでは、がんになりやすいと言われています。

座り過ぎのリスクをなくすためには、1日に1時間以上の運動が必要とされています。

オーストラリアの研究では、世界20ケ国中、日本は一番長く座る国で、最長7時間だそうです。

多くの人は、普段、カラダを動かしたり、運動をするのが難しいと感じています。

車や電車の移動での座り、オフィスでも座りっぱなし。

客先でのミーティングでも座るし、帰ってきてからも座りっぱなし。

多くの研究者は、がんの発生リスクや早死になど、座りがちな行動をさまざまな健康問題と関連付けています。

最近の研究によると、座る事が多い人では、がんによる死亡リスクが急上昇することが明らかになりました。

米テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの新しい研究によると、座っていることが多い人は、がんによる死亡リスクと関連していることがわかりました。

この研究では、座っている時間が最も長い人の癌による死亡リスクは、座っている時間が最も短い人と比べてなんと82%も高いことがわかりました。

研究者らは、中等度の強度の運動を30分行うだけでリスクが³1%に低下することを発見しました。

中強度の運動には、自転車に乗ることなどが含まれます。比較すると、ウォーキングのような軽い運動でも、リスクは8%低下しました。

それにもかかわらず、たとえ少量の活動であっても、がんを生き延びる可能性を高める重要な方法となりえます。

どんな病気でも、最終的に治すのは自分の持つ免疫力や治癒力で、プロテサンは、免疫力や治癒力を高めることができ、さまざまな病気に効果が期待できます。

例えは、抗ガン剤治療をする場合に、濃縮乳酸菌FK-23のサプリメントを食べていれば、治療効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができます。

主治医の治療を妨げないことも強調したいポイントです。

プロテサンの濃縮乳酸菌FK-23菌は、善玉菌を増やし、活性酸素を抑えて 腸内環境を整えることによって、きれいな血液を作り出してくれます。

プロテサンの濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、病気を遠退けてくれます。

癌細胞を減らすためには、濃縮乳酸菌FK-23と活性酸素に強い植物を摂る事です。

植物から作り出されるミネラルは、人の抗酸化酵素の材料となり、抗酸力を高め、発症を抑えてくれます。

癌は、血液の汚れが大きな原因で発症、血液は、腸で造られていますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫を改善することで、癌を克服できるようになります。

濃縮乳酸菌FK-23摂取し、善玉菌を増強して、腸環境を整えることで、血液がきれいになります。

濃縮乳酸菌FK-23の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれていることです。

ニチニチ製薬は、癌にたいして、抗腫瘍剤・毒素軽減剤・白血球減少治療剤の特許を取得しています。

さらに癌転移抑制剤の特許を出願中です。

11種類もの特許実績があるFK-23ですが、その中でも癌に関しての特許実績があるのが特徴です

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品