KYOTO 健康村 | 健康食品販売

老化のスピードを遅くできる高分子コラーゲン

2018/10/24 記事

コラーゲンの善し悪しが、細胞の善し悪しを左右しますから、コラーゲンを絶えず若々しく保つことが若さを保つ秘訣で、コラーゲンが老化し減少しますと、体の各部に支障が起きて来ます。

コラーゲンは、お肌だけでなくカラダのあらゆる部位に良い働きをしています。

関節軟骨の50%はコラーゲンで、クッションの役割をし、その軟骨が、すり減り、腰や膝に異常が起き、じん帯・腱もコラーゲンで、バネの役割をしています。

眼のほとんどは、コラーゲンでできていて、正確に見えるのはコラーゲンのおかげで、大切な角膜もコラーゲン、細菌やウイルスから膜を保護する働きをし、老眼にもコラーゲンが大きく関わっています

歯茎の60%はコラーゲンで加齢と共に歯茎が痩せ衰えて行くので、新しいコラーゲンが必要です。

肌を支えている真皮の70%はコラーゲンで、新しいコラーゲンの補給で肌年齢を変えることができ、40歳を過ぎますと急速に衰えて、乾燥肌・シミ・シワ・たるみの原因になっています。

 

コラーゲンの愛用者から、「関節の痛みがなくなった」「シワやシミが薄くなった」「肌にツヤが出てしっとりしてきた」「薄かった髪が増えてきた」「白髪が減った」「骨密度が上がった」「アトピー性皮膚炎が治った」などの歓びが届いています。

コラーゲン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品