KYOTO 健康村 | 健康食品販売

コロナ子供感染初期症状

2022/10/28 記事

この冬は新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が起きる、との懸念が日増しに高まっています。

新型コロナの感染拡大の第7波は10月に入ったころから落ち着きつつあったがその後下げ止まり、厚生労働省の20日までの1週間集計で約2カ月ぶりに増加に転じています。

専門家は「第8波が起きる可能性は非常に高い」と「非常に」という表現を使って警戒を呼びかけています。

コロナ第7波 オミクロン株の症状は、第6波ではのどの激しい痛みを訴える患者が多かったのに対し、発熱が38度以上と高く、けん怠感を訴える人が多い傾向にあるということです。のどの痛み、38度以上高熱・けん怠感と言われています。

小児医療が逼迫するおそれが出てきています。

流行の詳しい原因は不明だが、コロナウイルス対策で感染が抑えられたことから、その反動として免疫が弱い子どもが多い状況にある可能性が指摘されています。

重症化リスクもあり注意が必要です。

医療機関での受診の目安や注意点、早めの相談が必要な人の情報もまとめています。

厚生労働省は、新たな相談の目安を公表し、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけています。

息苦しさや強いだるさ・高熱などの強い症状がある場合・高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合・重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合

感染した時の症状は、発熱87.9%、咳67.7%、だるさ38.1%、たん33.4%、息切れ18.66%、咽頭痛13.9%、頭痛13.6% 嗅覚、味覚の異常の症状。

注意が必要な症状は、発症から1週間前後経過した頃に強いだるさ、息苦しさがある場合はすぐに保健所に電話してください。

パルスオキシメーターがある場合には血中酸素飽和度が90%前半以下が持続するようであればすぐに電話してください。

発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合新型コロナウイルス初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。

人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。

感染してから約2日後に風邪のような症状が出現します。

風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、咳、ノドの痛みなどです。

その他にも頭痛、だるさ、関節痛・筋肉痛などの症状がみられることがあります。

このように、新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があります。

特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。

つまり、発症してから1週間程度は風邪のような軽微な症状が続き、約2割弱と考えられる重症化する人はそこから徐々に悪化して入院に至るというわけです。

もう一つの特徴として、嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。

特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。

ただの風邪や副鼻腔炎、花粉症が原因で嗅覚異常・味覚障害が起きることもあるので「嗅覚障害・味覚障害=新型コロナ」ではありませんが、だらだらと続く風邪症状に加えてこれらの症状があれば新型コロナの可能性は高くなるでしょう。

厚生労働省による重症化の前兆となる緊急性の高い症状を自分でチェックできるリスト

表情・外見

顔色が明らかに悪い・唇が紫色になっている・いつもと違う、様子がおかしい

息苦しさなど

息が荒くなった(呼吸数が多くなった)・急に息苦しくなった・生活をしていて少し動くと息苦しい

胸の痛みがある横になれない・座らないと息ができない・肩で息をしている突然(2時間以内を目安)

ゼーゼーしはじめた

意識障害など

ぼんやりしている(反応が弱い)・もうろうとしている(返事がない)・脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

重症化してきますと

唇が紫色になる・息が苦しくなる・急に息が苦しくなる・少し動いたり働くと息が苦しくなる・横になれない・座れない・寝られない・肩で息をする・ゼーゼし始める・脈のリズムが乱れる・顔色が悪くなる・いつもと体調が違う・ぼんやりする・もうろうとする。

オミクロンを抑え込むためには1人1人が自粛を心がけることが非常に大切で、引き続き各々の自粛生活取り組みましょう。

日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、高齢になると、体調の変化などちょつとしたことがきっかけで肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。

オミクロンが世界的に大流行している今、自分も家族もいつ感染するかわかりません。

感染しない・感染させないために

換気の悪い密閉空間・近距離での会話や発声がある密接場所・手の届く距離に多くの人がいる密集場所を避けましょう

感染しない・感染させないために、毎朝の体温チェックをしましょう。

特に3つの条件が同時に重なる場所は、一度に多くの人が感染し、クラスター(集団)発生のリスクが高いため、避けましょう。

また、共同で使う物品などは消毒しましょう。

咳・発熱等の風邪症状が見られる場合や感染が疑われる場合は、外出を避けましょう

不要・不急の外出は避け、職場などは行かないでください。

やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。

子供や高齢者は、免疫力が弱いために病原菌やウイルスに感染しやすく、普通では感染しない菌にも感染します。

抗ウイルス薬がなかったり、あっても耐性ウイルスの出現が問題になる中、予防や自身の免疫力による回復が重要と考えられています。

インフルエンザ  などのウイルスが肺に入ると、肺の上皮細胞が破壊されます。

そのまま放置すると肺炎となり肺胞が死滅して肺機能が衰え、呼吸ができなくなって死に至ります。コロナに負けないために、適度な運動は血流を増やし、免疫力アップに繋がります。

逆に、過度な運動はNGで、あくまで、自分の体の状態、コンディションに合わせ、体に負担をかけず、少なくしましょう。長く継続し、毎日行うことも大切です

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

もし感染したら…その時、未知の疫病から私たちを守る役割を務めるのがそれぞれが持つ「免疫」です。

免疫を高めておけば、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれますす。

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。デルタ株感染に備えて、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。

FK-23菌は、ウイルス感染防御の特許を取得商品で 免疫を高めてくれ、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

LFK乳菌は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって、ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させる特許を取得しています。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

 プロテサンは、現代医学の限界を超えた乳酸菌「FKー23菌」が主成分

免疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあり、あらゆる乳酸菌の中で「FK-23菌」は、免疫力がズバ抜けて高い菌です。

「FK-23菌」を摂取するようになったところ、白髪が減り、黒髪が生えてきた、また抜け毛がおさまったということもあるようです。

「お酒がおいしくなったという話もよく聞きます。

肝機能を向上させる効果があり、C 型肝炎治療剤としての特許も取得している「FK-23菌」ならば、これも決して不自然な話ではないのです。

免疫力を高めれば、ガンの再発や転移の可能性を低くすることもできまできます。

病気を克服するために、体調そのものを改善してくれます。

そんな効果が期待できるのが「FK-23菌」が21世紀のサプリメントと呼ばれる理由があります。

生菌を原料とした通常の乳酸菌のサプリメントに比べて、殺菌済みの「FK-23菌」は、腸内に送
り込むことができる菌の数が圧倒的に多いのて、他の乳酸菌に比べ腸管免疫を高める効果は3倍、体内で変化することもないため。安心して食べられるのです。

「主治医にしがられない」「病院での治療の内容にかかわらず食べれる」のですから,現在すでに病気と闘っている人にとつて、心強い味方といえるのではないでしょうか。

プロテサンは、医師の治療をさまたげない理想のサプリメント

「FK-23菌」の最大の特長は、免疫機 能を高める働きが非常にすぐれていることです。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものでずから、さまざまな病気に効果があっても不思議ではありません。

抗ガン剤治療をする場合、「FK-23菌」のサプリメシトを食べていれば、その効果を上げてくれる一方、副作用は減らすことがきたいできます。

「主治医の治療を妨げない」ことも強調じたいボイントです。

サプリメントにも、いろいろな種類がめり、なかには身体に会わない場合もあります。

たとえば昨今「ガンに効く」と言われている健康食品のなかには、食べすぎると肝臓を悪くするものもあります。

そのようなサプリメントを食べている人は、抗ガン剤もつかえなくなります。

免疫力が下がり病気は、逆に言えば、免疫・力を高めれば、病気を克服できるということです。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。

その免疫細胞の7割くらいは休息状態です。

プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞が目を覚してくれ、免疫機能が活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

がん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者にとって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

FK-23は、細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和して、痛みの緩和、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

プロテサンの主成分の濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べて頂けます。

抗がん剤治療前に、濃縮乳酸菌FK-23を摂取しますと、善玉菌が増え、腸環境が整って、免疫力が高くなることで、抗がん剤の副作用を緩和、整腸作用、細菌やウイルスの感染予防、ウイルス性肝炎、抗腫瘍・癌による毒性軽減作用や抗がん剤などの白血球の減少抑制に期待できます。

プロテサンの乳酸菌は、死菌体球菌

死菌体のメリットは、善玉菌のエサになり、善玉菌を増やすことができるという点で、人の腸は、それぞれ個性があり、棲みついている善玉菌の種類も人によってことなりますが、プロテサンの乳酸菌は、もともと人に棲んでいる菌で、腸にとってはストレスなく受け入れてもらえて、善玉菌を増や事が出来ます。

死菌体球菌は、善玉菌のエサとなる成分(たんぱく・糖・細胞質・核酸)などが含まれており、悪玉菌を増やす成分を吸着して排出する働きなどがあります。

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品

  • プロテサンB31包

    1包 乳酸菌数3000憶個【ヨーグルト30㍑】相当

    2500円+税

    濃縮乳酸菌食品  プロテサン プロテサンRは、ニチニチ製薬が
    …続きを読む

  • プロテサンR62包 

    乳酸菌含有量(1包中)4兆個(ヨーグルト換算400L)相当

    11000+税

    濃縮乳酸菌食品  プロテサン プロテサンRは、ニチニチ製薬が
    …続きを読む

  • プロテサンS62包 

    乳酸菌含有量(1包中)4兆個(ヨーグルト換算400L)相当

    29000+税

    濃縮乳酸菌食品  プロテサン プロテサンは、ニチニチ製薬が研
    …続きを読む

  • チサフェルナ

    花粉症・鼻炎・アレルギーサプリメント

    9.000円+税

    眠気などの副作用のない、体に優しい乳酸菌サプリ 近年の研究に
    …続きを読む

  • チサホワイト

    お腹の中から健康と美肌を作り出す乳酸菌

    4.500円+税

    「本物の美しさを、体の内側からつくるチサホワイト」 この内側
    …続きを読む

  • ドクターサリュウム

    女性の体に優しいダイエットと便秘にと2つの働きをする乳酸菌サプリ

    3.800円+税

    便秘とダイエットの両方を叶えるドクターサリウム ドクターサイ
    …続きを読む

>